南相馬・小高で3件のお手伝い 富岡・夜ノ森で満開の夜桜を観る(援人 2017年 0414便)

Posted on 2017年4月17日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , , , , |

南相馬・小高で3件のお手伝い 富岡・夜ノ森で桜ライトアップを観る(援人 2017年 0414便)

ボランティアチーム援人、0414便、2017年4月15日土曜日、南相馬市ボランティア活動センターの下でのお手伝いのメモ。

この日は3件のニーズを完了させ、朝は高見公園、夜ノ森公園(原町)、 雲雀ヶ原祭場地、小高神社、小高川沿い、貴船神社、そして夜はライトアップされた富岡町の桜並木と、何があってもやってくる浜通りの春を味わうことができた便になった。
仮設でお手伝いした2軒。また別の仮設に移るというご夫婦、心労を軽くしてあげることができたかな。
中通りに引っ越しされるというご夫婦、立つ鳥跡を濁さずのお手伝いができたかな。
まだまだ行きたい。

10人揃って八重洲を出発しました!
写真は出発前に屋根の傷までチェックする馬場くん。
さあ浜通りまで桜前線を追いかけながら、今週もしっかりお手伝いしてこよう!センター長の依頼票がわかりやすいものでありますように…。(祈

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

2:47、道の駅南相馬に到着。

おぉ。相馬の原釜尾浜海岸だけでなく、南相馬の北泉海岸も来年夏あたり「開設を検討」…?(福島民友)

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

南相馬、夜ノ森公園、桜が満開。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

広い公園だけに大雑把な場所取りをしている人も(笑)。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

行楽シーズンだけに、サイヤさんで行楽弁当が100個以上準備されていた。団体で花見かな。

朝礼前にニーズ判明。住所もセット済み。午前、原町で仮設住宅引き渡し前の掃除2軒、若干の物移動。午後は先週午前のお宅のチッパーかけ。

仮設2軒の掃除終了。例によってどこを掃除すれば?レベルの綺麗さだった(それでも換気扇周りや高いところなど、前回よりはやりがいあり)。
1軒はまた別の仮設住宅へ引っ越し(仮設集約のためか)、もう1軒は中通りへ。いずれも小高の津波被災地域の方、もう家を新たに建てることはできないと。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

昼食時に立ち寄ったエンガワ商店。久しぶりにガチャ、一発で小高郷のコが!

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

小高神社、満開の淡いピンクの下で昼食。行楽弁当がいつもの1.5倍くらいおいしい。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

センターに帰還。ここでトラブル。次の現場でウッドチッパーが必要という指示を受けたのにチッパーがない。別チームの現場へ行き、引き取り完了。

16:30、O地区のお宅での伐採竹などのチッパーかけ、終了!
気づいてみると12:30からずっとノンストップ。がんばった!

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

小高でガッツリ汗をかいた後は、はらまちユッサのシンプルなラーメンがおいしいんだよなぁ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

終わってみればニーズ3件終了。上出来だった。朝は原町の夜の森公園、小高神社。夜の富岡町の夜ノ森の桜並木。桜が美しかったことはもちろんだが、暑すぎず寒すぎず、まさに春の穏やかな空気が気持ちよかった。
午後のニーズ、センターの手違いで別チームの現場にチッパーを取りに行くロスがあったが、16時過ぎまで懸命にやって挽回した。ボトルネックは常にチッパーだったので、手空きの人はチッパーに食わせやすいよう標準的な前処理をもっとやる、あまりに細かい笹はチッパーにかけないようにする、などの判断をすれば時間短縮できたかも。

避難指示解除に合わせて6年ぶりにライトアップされたという富岡町の桜。とてもきれいだった。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

富岡の桜について、“帰りたいけど帰れない”と書かれた絵馬の写真と共に報じた新聞社のTwitter投稿が批判されているのを見た。いいニュースにどうして水を差すんだ、と。

被災地にはいいニュースも悪いニュースもある。

富岡の夜ノ森を歩いてみて気づくのは、あたりが静まりかえっていること。ライトアップされた場所以外はとても暗いこと。駐車場も真っ暗だ。桜並木の沿道にも、地震で傷んで解体か修理を待つ家が少なからずある。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

“いいニュース”が、避難指示が解除されればもう日常通りなんだとか、地域外のぼくらはもう忘れていいんだといったバイアスを補強するために使われることがないように、と願う。
いいニュースで固めることが復興につながるのではない。

町はまだまだ正常ではない。2017年、同じ日本にこういう地域があるということを知ってほしい。どんな考えを持つ人であれ、自分で行ってみて、感じてほしい。

忘れられない花見になると思う。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。