ラン日記 2017年2月

Posted on 2017年2月28日. Filed under: ランニング |

2017/02/24
朝ラン気づき。ふくらはぎを適度に殺しておくとやわらかい着地、ヒタヒタ走りがしやすい。というかふくらはぎが元気過ぎるとフォーム全体にとってあまりいいことがない。
着地が身体の前に出る(または空振りしてから着地しているように上から見える)ケース、ふとガラスに写る自分の足を見て思ったが、膝から下を前に出さず、垂直または垂直よりやや後ろのままで着地しては? これが合理的かどうかは対照実験をしてみたい(追記:これを意識しすぎたらふくらはぎがかなり疲れた)。

2017/02/23
昨夜、裸足ランを1kmもやってないのに、今朝はふくらはぎと足首にダメージが出ている。昨日走っている時に感じ言語化したこと。具体的には拇指をグッと踏み込まない。これはワラーチを履いている時の持続的なランにも効きそう。

2017/02/22
裸足ラン。何度か痛い目に遭い、これやったらダメだなという感覚が少しは鋭くなったか。着地後に拇指球をグンと踏み込むようなやり方をすると足裏(特にフォアの部分)が長くはもたない。足首に強く捻りがかかるので、足首のダメージも大きい。しかし裸足は楽しい。ちょっとなら。

2017/02/21
着地を後ろにするだけでなく、踵を押し付けて離地を遅らせるようにすれば、チョンチョン走り防止にもなり、体はもっと前に出るのではないか?

2017/02/20 夜
雨が降り、濡れたりところどころ水たまりができたりすると路面の味わいがだいぶ変わる。雨中ワラーチ走、楽しかったぁ。

2017/02/20 朝
胸や腹を前に出すというより、腹を縦方向に伸ばす、横隔膜を開く(?)、そんなイメージでやるといいのでは。足は後ろにチョンチョンと着く。バランスを崩し思わず走り出しちゃったようなうかつなイメージか?

2017/02/19
朝、近所のスーパーでいつもやっている朝市(?)的なものに行ってみようと、走っていく。今日はやってなかった。ズコッ。近くのモスで朝モス。日なたを探しながら、少しだけ朝ランの続き。

2017/02/18
腹を突き出し、横隔膜を伸ばし切る感じにすると、 どうしてもスピードが出すぎてしまう。スピードをゆるめて走るときはどうすれば?(未解決)

2017/02/17
走るっていうのはどういうことか? 左右の足を前に出して進んでいくこと、そのために身体の各部を意識的に・無意識に動かすこと、それに対する(非)制御感と、それを観察する目線感じ方と…などを掛け合わせた「体験」なんだ。だからものすごくバリエーションがある。

2017/02/15
朝、後半、不思議なことが。いろんなところへの関心を後景に押しやり、足の着地にだけ(やさしくなるように)意識を集中してみた。足にだけ焦点が当たるようなビジュアルが頭に浮かんだ。これいいな、と思った。

2017/02/14
フォームを変更中。旧フォーム・新フォームで1kmずつ走って対照実験してみた。旧より新の方が16秒速かった。予想以上の差。新では重心がより前に出るのでケイデンスが上がる。今このペースで10kmや20km走れるとは思えない。が、理に適っているとは感じる。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。