「ヴィジット」(M・ナイト・シャマラン)感想:大作ではないが復調の兆しか

Posted on 2017年1月26日. Filed under: 映画 | タグ: |

映画「ヴィジット(M・ナイト・シャマラン監督)」、ブルーレイで観た。

才能というのは量的に計れるものではないと思うが、よくいわれる“枯れる”は、本当にあるんだろうか。
彼を「シックス・センス」の監督だと思っている人はとても多い。が、(今振り返ってみれば)黄金期は「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」だと思う。「エアベンダー」を撮ったときはもう終わりだ…と思ったが、この映画を観て、復調の兆しがあるかも、と感じた。

大作ではない。IMDbの評価も6.2/10だ。
音楽がジェームズ・ニュートン・ハワードじゃないのも一つ魅力を削ぎ落としているかも。

しかし彼はやはり巧いのだ。画面の「間」にも「無音」にもことごとく意味があるような、“映画的”な映画をつくれる監督だと思う。

あと、彼の底流にあるテーマは、“壊れ(かかっ)た家族の修復”なんだなぁと今回も改めて思った。

ディスクに収録されていたインタビューで彼はこんなことを語っていた。

「原点回帰」
「キャスティングは監督の仕事の8割」
「ぼくがバスケ選手なら、ストリートバスケに挑んだのが本作」

納得できる言葉だなぁ。

彼にはまだ期待できそうだ。まだ新作が控えているようだし。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。