南相馬・小高:年またぎの竹林伐採 救急車を呼び人気(ひとけ)を知る(援人 0106便)

Posted on 2017年1月11日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0106便、2017年1月7日土曜日、福島県南相馬市小高区での災害ボランティアの記録(メモを再構成したもの)。

今夜これから南相馬へ。今年最初のお手伝い。

年が明けた。3月が来るとあの未曾有の震災から6年になる。あれから沢山の災害が起こった。気候変動の影響もあり、減ることはないだろう。

個人として、またチームとして「行く」というコミットをやめるつもりは毛頭ない。が、焦りはある。

同じ顔ぶれ、仲間内だけでやっていくならジリ貧だ。手を求める人や地域は増えているのに、支援する層は厚くなっているか? 今年は改めてそのことも考え取り組んでいきたい。

10人揃って八重洲を出発しました。
この便参加メンバーの思いは同じ。あの現場を少しでも進めたい。そのために力を尽くしてきます!
ちなみにYさんと中野は翌日赤羽でハーフマラソン。あ、Kくんも?

夜明け間近、国道6号のファミリーマート前。浪江・富岡方面には車がひっきりなしに流れていく。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

援人事件簿、2017年第一弾!(第一弾にして早くもベスト10候補か?)
新春のサイヤさんへのご挨拶にと、中野が前日に東京駅で買ってきたお土産。夜中にYさんがバリバリ開けて食べてしまった(笑)。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

朝礼、松本センター長の言葉。

「ずっとおめでとうございますを言いにくかった。今年はどうか。各地で相変わらず災害が多い。
新年の挨拶、ブログに書いたので読んでほしい。小高区、昨年は避難指示解除があったが、環境は劇的によくなってはいない。帰還も未だ進んでいない。昨年にも増して支援をお願いしたい。
問題点、帰還者は高齢の方が多く、片付けなどできずボランティアに頼らざるを得ない。若年層は帰ってこない。この傾向は悪化の一途。あるとき読んだ楢葉町の医師の手記に、このままでは町が崩壊してしまうだろう。医療機関が留まらねばならない、とあった。ここも同じ。
ボランティアの重要性はますます高まっている。皆さんも忙しいだろうが、ぜひ支援を。
昨日は活動者一名だった。今日は約40名。木の伐採2件など。」

お手伝いは、年末から続く竹林伐採の続きだ。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

とても広い現場だが、朝早くから集中的に伐採を行い、以後は枝打ちと玉切りに専念する流れで進めると、あと1~2回で終わりそうな進み具合になってきた。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

ぼく自身はずっと手のこで玉切りをやった、相当ハードで、後半消耗してきたので、最も効率的なやり方を模索しつつやった。
まず切る位置は目の真下あたり。右や左に見るかたちだと力が逃げる。次に、常に均質な力でギコギコやるのでなく、まず最初に力を込めてザッと切り込む。歯が入ったらやや力を抜いてギコギコ進め、切り終えるときも力を込めザッと切り捨てる。こういう風に緩急をつけると、より少ない力で切ることができるようだ。逆にずっと同じペースでギコギコやると消耗が激しかった。個人差はあるだろうが。

昼、エンガワ商店の横にいたぽちゃ猫。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)
日なたぼっこしているように見えたが、パンをあげたらササッ! と取りに来ては離れたところで急いで食べる、を繰り返す。お腹が空いていたようだ。

今回のお手伝いでは、メンバーTさんが残念ながら怪我をしてしまい、救急車を呼ぶ事態が発生した。(救急隊員の方に車中で診てもらった後、自車で市立病院に行くことになったが。)

Tさんのために救急車を呼んだとき、外に待機していると女性のお年寄り二人が様子を見に来た。お騒がせしたことをお詫びしつつ話すとすぐ近所の方で、人がそれほど戻ってないのに誰が呼んだんだろうと見に来たと。

考えてみると、小高で何かして近所の人が見に来るなんて何年もなかったことだ。日常が戻りつつあるんだなぁ…と気づいた。

メンバーの感想から。

一年の最初の便で事故、皆用心しなさいという意味か。現場はものが積み重なっていると怪我の原因になる。周りをきれいに。

継続の現場であり、年が変わった気がしない。小高神社に初詣にも行きたかったが。切り倒した竹は、枝先(枝打ち不要)、枝密集部分、枝なし(玉切りのみ)に分けてから作業した。ベストだったと思う。あらかじめ切断機でやる部分のみ明確にでき、安全かつ効率にできるメリットも。

二回目なので、自分なりの準備をした。ゴーグル、ノコギリ、竹用の刃を付けた。扱いは苦手だが前回より早く作業できたと思う。

竹を伐倒するとき、跳ね返ったりなど竹特有の癖があるので注意したい。

バールでの枝打ちはいいが、女性には重すぎる。もう少し小さいものがあると扱いやすい。マイバールを購入しようかどうか迷っている。

夕食は「よつくら亭」(四倉PA上り)。豚焼肉とナムルの丼(正式名称忘れた)。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

年またぎの竹林伐採のお手伝い、終わりまであと少し!

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。