走:「野馬追の里健康マラソン」でハーフマラソンのベストを出すまでのメモ

Posted on 2016年12月16日. Filed under: run, Running | タグ: , , |

2016年1月のハーフマラソンベスト1時間39分(シューズで)。2016年12月ベストを更新、1時間37分(ワラーチで)、に至るランニングについてのメモ。

岩泉で災害ボランティア 南相馬で野馬追マラソン出場(援人 1202便)

2016年1月 ハイテクハーフマラソンで自己ベスト1時間39分

それ以前にどんな練習をしたか、当日どんな走りをしたか、細部はもうほとんど覚えてない。レースでは、前年の反省から前半は抑えたが、折り返し点では予想より悪いタイムに落胆、しかし後半も少しだけ粘ることができた、そんな気がするレースだった。で、自己ベストを(確か)1~2分縮める1時間39分が出た。

2016年4月 川内村ハーフマラソン 初めてワラーチで走る

川内の郷ハーフマラソン、初めてワラーチで走ってみた。
一度でも足首やふくらはぎを痛めたりしたら後は地獄になる! とビビり、そろそろ走ることを心がけた。折り返し前のゆるく長い上りに脚力を削られたりもし、後半はボロボロになった。それでも少しだけラストスパートでき、なんとか走り切って1時間44分。シューズで走るのに比べてもっと劇的に遅いだろうと予測していたので、意外なタイムだった。

2016年7月 東和の地獄坂でワラーチ 血豆がいくつもできる

7月、東和ロードレース。「地獄坂」と噂されるコース、掛け値なしに本当にキツかった(特に下りが…)。上りはひたひた走りができるのでワラーチ的にはむしろよかったが、クールダウンしようと名物のミストシャワーを浴びまくっていたら足裏が濡れてスレが起こった(と、レース後に初めて気づいた)。
最終盤、ゴールへ続く下り坂をシューズ野郎たちがこれ見よがしにガンガン飛ばしていく。負けじと激痛をこらえて飛ばした。終わってみると、足裏にでっかい血豆がいくつもできていた。痛いわけだ、と思った。

普段は通勤で毎日走ることにした

今年前半、帰宅後の夜ランを通勤ラン(3km弱×2)に切り替えた。というより、通勤ランをやると疲れるので、夜ランが自然と減っていった。

通勤ランを毎日やるのは最初は苦痛だったが、距離がさほど長くないこともあってやがて習慣化でき、走らないと気持ち悪いと感じるようになった(雨の日はビニール傘をさして走る。これが案外快適なんだ)。

毎日ワラーチで走ろうとしたが、足首やアキレス腱のダメージが取りきれず積み重なっていく。回復のため、仕方なくシューズ(NIKE Free)で走る時期が続いたりした。やがて足と相談しつつ、ワラーチで1日、シューズで1日というローテーションに落ち着いてきて、今に至っている。

3kmは短いので、慣れると共にピッチが上がってきた(意識的に上げようとはしていない)。そのせいでスピードが出るようになった(と、後で気づいた)。

心肺を追い込むのが楽しく、最後はオールアウトして汗だくになるという強度のランを繰り返すようになった。

巡航スピードのママチャリとほぼ同じ速さで走れるようになった。ゆるい上り坂では、電動アシストなしのママチャリをぶっちぎることができる力がついた(フィクションです。やってません)。

マラソンというノリではなく、3kmをややハイピッチで走り切るのが楽しい今日この頃。足よりも心肺系が限界に達する強度であるためだろうか、腕や足の血管が太くなってきた。

シューズのときだけでなく、ワラーチでも飛ばせるようになってきた。これまではワラーチ走で心肺を追い込むなんて全然無理だったが、3kmまでならいけるようになった。

ここまでが最近の様子。

2016年12月 野馬追の里ハーフマラソン

野馬追の里ハーフマラソンについては、記憶が鮮明なのでやや詳しく残しておこう。

  • スタート直後、あまり混雑していないレースなので、無理なペースの上げ下げをせず、無駄なルートを取ることもなく、普段のランのペースで少しずつ前に出ていけた。
  • 飛ばし過ぎかな? とも思ったが、7~8kmまでは普段のラン感覚で気持ちよく走れた(ハーフなら10kmの練習をよくやればいいともいわれるし、練習の2倍ぐらいの距離なら同じ強度で走れるということかな)。
  • しかしそこを過ぎると徐々に足のバネが落ちてくるのを感じた。
  • ここからが勝負、とふくらはぎでなく大腿や腰・尻の筋肉に頼って走ろうと心がけた。
  • いいペースメーカーと出会い(彼のウェストポーチから、スマホアプリが「4分27秒」などとペースを読み上げていた)、しばらく同道した。やがて彼が落ちてきたので抜き去った。
  • 折り返し。じりじりキツくなってきたが局所的に痛い部分などはなく、最後までいけるなと思った。
  • 岩屋寺あたりからのゆるく長い上り坂。キツいけどワラーチの得意なところ、と1人抜かす。しかし既にクッションが枯渇していた足では下りがキツ過ぎ、情けないベタベタ走りになってしまい失速。抜き返された。
  • 以後、ペースを上げることはできなかったが、激落ちすることもなく競技場へ。
  • 最後のトラックがキツかったー。がんばったけど。

タイムは1時間37分29秒(速報)。ワラーチでこれだけ走れるんだ! とやや満足できた。

主な理由は、普段のランでスピードある走りを楽しむ習慣ができたからだろう。次はどんな風に遊ぼう?

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。