岩泉町でえぐり取られた庭に土砂を運ぶ 南相馬小高で長大な法面の草を刈る(援人 0930便)

Posted on 2016年10月5日. Filed under: Great East Japan Earthquake, volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0930便、岩手県下閉伊郡岩泉町(2016年10月1日土曜日)、福島県南相馬市(2016年10月2日日曜日)でのお手伝いの記録(メモやFacebook/Twitter投稿を切り貼りしたもの)。

ボランティア不足の岩泉町へ、先週便への参加を含め、すでに岩泉でのお手伝い経験があるメンバーが大半という濃い愛に溢れる便。ギリギリまでがんばってきます!

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

4:29、紫波SA。岩手はもう寒いっ。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

岩泉町でいわて国体開会のニュースを聴く。岩泉町は軟式野球の会場になるはずだった。

実は岩手日報(9/19付け)にチョイ役でデビューしていた件。岩泉町安家の畑中商店さんの記事。今日も朝から営業中!

関東・東北豪雨から1年、まだまだ復興半ばの茨城県常総市の農家さんがつくった新米、岩泉町安家のOPEN JAPANさん(肥田ひーさーさん)に確かに届けました。小分けして困っている方々に配っていただけるとのことです。元気村のポチ店長(西山克彦さん)、ありがとうございました!

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

台風10号被災の岩手県岩泉町でお手伝い。

この時間帯、大抵それなりの充足感と共に振り返っているはずだが、今日は“惨敗”した日。4tトラックとショベルカーに。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

お手伝い先は拠点からすぐ。

依頼一つめ、フローリングの床下点検口から入って様々な管に遮られた奥、トイレ下の泥出し。非常に狭いため、小柄なK君・Hさんに担当してもらう。

二つめ、川沿いのこのお宅は、川に面した庭だった部分が高さ1.5~2m、幅3mというすごい量の土がごっそり流された(!)。玄関のポーチ下は1.5mほど空洞になってしまっている。これを埋めてほしいというもの。
人手で埋め直したところで十分な強度など期待できないが、依頼主の少しでも早く安心したいという気持ちに応えるため受けたという。

4tトラックが別の場所で土石流として溢れた土砂を運んでくる。ショベルカーがそれを玄関に近いところへ落とす。それを人手でポーチ下の空洞に詰め込んでいく…という段取りだった。
しかし、細かな砕石はともかく拳大や人の頭大の石がゴロゴロ含まれる土砂に、剣スコは易々と入ってはいかない。さらに下や横に掻き出すのでなく上方へ向かって放り込む動きはかなりキツい。バチツル、鍬なども試すが決定的な差は出ない。
6~8人の男が必死で頑張ってもショベルカーのバケット一杯分、ワンアクションに到底追いつけず、重機がメインで活躍し、人間は限られた役割だけで待ち時間も多め、という情けない状態になってしまった。

お手伝いそのものは、重機のパワフルかつ手練の動きにより、玄関下の空洞はほぼ塞がった。しかしぼくらはやりきったといえない状態で撤収時間を迎えた。もっと何かできたのでは…。

今日は土日にも関わらず社協ボラの姿を近隣で見かけなかった。一方で被災された方々は自宅の片付けを淡々と片付けを続けている。
2人のメンバーが派遣された別現場のニーズを見ても、床下泥出しはより難易度が高いものが浮上し、家屋周りの片付けなどは重機ではできない人手でのニッチな重労働系が残っている。フェーズが変わりつつあるのか。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

役に立つつもりで行き、力を十分に尽くせないのは素直に悔しい。

よっしゃ、落ち着いたら重機の免許取得、真剣に考えよう。

岩手・岩泉町。スーパーのレジ横に無造作に置かれた松茸、先週よりさらに安くなってる。ボランティアに来たついでに買って帰れる幸せ。(´∀`)

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

早朝、南相馬・小高を朝ラン。朝焼け、マジックモーメントに遭遇。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

岩泉・安家のいわどうふが、Yシェフの手で岩泉・大平のお父さんに聞いた味噌田楽になり、それを南相馬で食べる。いろんな偶然が合わなきゃ実現できない幸せグルメ。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

南相馬市ボランティア活動センター、松本センター長、朝礼での言葉。

「(珍しくビデオを途中停止)
ブログで草刈り人間集合といいながらニーズは草刈りでなかった、お詫びする。風邪はだいぶ良くなった。センターでさんま焼いて食べようと。一匹250円。直火で焼いたものはやはり美味しい。
草刈、瓦礫の撤去の他、引っ越しニーズも。病気などで待ってほしいというものも。
援人は斜面の草刈り。借りっぱなし、際にまとめる。
(いきなり援人のニーズ説明に切り替わって終わり)」

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

10月2日日曜日、昨夜のうちに岩手県岩泉町から南下し、今日は南相馬市小高区でお手伝い。

高低差は6m、ほぼ垂直、いやオーバーハングしているような箇所もあるような地形を単に「斜面」と説明してぼくらを現地に派遣したMセンター長は、古城の立派な城壁を「石段」とでも呼びそうだ。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

下から食らいついてあり得ない角度で刈払機を振り上げ、無理な部分は斜面に抱きつきながら鎌を使い、上からは腰を落としギリギリまで踏ん張って刈払機のシャフトを伸ばし──。

ともかくがんばった。
常に不安定な場所に立ち体を強張らせ、刈払機を叩きつけるように振り続け、疲労困憊ののち、50mほど、広いと工場に付随する部分は終わった。

しかしこれ、まだ約500mも続いているのだ。
これから毎週小高に通い続けても、クリスマスケーキをこの斜面を眺めながら食べることになるかもしれない。

夕食は二本松、杉乃家さん。至福のラーメンと浪江焼そばを味わう(注:そういうセットはなく、単品×2です)。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

久々の杉乃家さんの興奮冷めず、いい歳した大人たちが車中で焼そば! ラーメン!カツ丼!と連呼しながら話し合っている件。

二日間の振り返り。

岩泉、用意してきた道具はことごとく役立った。ただし溜めてきた体力は重機にお株を奪われ、出し切れなかった。畑中商店のお婆ちゃんは随分話してくれるようになった。3週目だし。被災地だから行くのだが、結果自然に魅せられ、魅力的な人に会い、その土地への愛着が湧いてくる。ただの観光とはまた違う深さがあり、災害ボラはいい営みだ。

小高。厳しい現場で、前日あまりハードでなかったためよく働けた。不安定な足場を登ったり、足を踏ん張って上から刈ったり、危険なことを多くやったが、普段以上に注意深くやった。全体を見ながら自発的に動くメンバーのお陰で、細かく指示をすることなかったが進捗はよかった。

岩泉→南相馬便は正直行程がキツい。それでお手伝い時間を最も多く取るため、今回は女性を風呂で降ろし男は道具を置きに行くといった工夫もした。こういう積み重ねで、お手伝いの質量ともに上げていきたい。

最後に。杉乃家さんやっぱり宇宙一と再確認!

努力すれば報われる、といわれる。

これは、何かに達成しようと行動することは成果を期待する心持ちを伴うため、無数の出来事の中から成果とおぼしきものをつまみ上げる行動とセットになりやすい、ということが大半じゃないかと思う。

それでも自分が努力したことの周りに小さな成果、傍証、関連ごとを見つけることができれば、やっぱりうれしいものだ。

土曜日は岩泉町、日曜日は南相馬でのお手伝いを終え、さっき八重洲に戻り、心は軽いが身体は重かったのでタクシーを拾った(八重洲からウチまでは10分ぐらい)。

タクシーを降りるとき、30代半ばと思われる運転手さんが「お客様、もしかしてボランティアに行ってこられたのですか」と言われた。

岩手の岩泉に行ってきました、と答えると強く反応し、東京からのバスがなかなか見つからない、テレビでひどい様子を見て自分も行ってみたいと思った、しかし盛岡発のものばかりじゃないですか、と立て続けに話しはじめた。

「盛岡発」という言葉を聞いて、この人は本気で行こうと思って調べたんだな、とわかった。

ぼくらは仲間とレンタカーで行ってるんです、確かにボランティアバスは少ないですが神奈川発などは出るようですよ、などと少しだけアドバイス。

「本当にお疲れさまでございました」と会話は終わった。

今週の平日、ぼくは援人のFacebookページに「東京から岩手県岩泉町に自力でボランティアに行くには?」という投稿をした。

岩泉町に仲間と共に行きはじめて三週目。まだまだ終わりが見えない。人口が多い関東圏から一人でも多くの人が行ってくれれば! と考えたからだ。

この投稿は8,000近くビューがあり、見た人の0.5%でも動いてくれれば40人。これは家一軒の床下泥出しや家屋周りの片付けが終わるかもしれない人数だ。

人を巻き込むというのは本当に難しい。
しかし「何かしたい思いはあるが、まだ行けていない」人と会えたのは本当によかった。

がんばろう。自分自身がやることと人を巻き込むこと、二つとも。

会社へのお土産、「龍ちゃんのカスタードケーキ」。

岩手県岩泉町と福島県南相馬市でお手伝い(援人 0930便)

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。