南相馬・小高:避難指示解除前最後のお手伝い完了 まだ先へ(援人 0708便)

Posted on 2016年7月11日. Filed under: Fukushima, Great East Japan Earthquake, volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2016年7月9日土曜日(0708便)、南相馬市小高区でのお手伝いの記録。

この便はぼくらにとって住民の方々の帰還前最後のお手伝いになった。7月12日、東京電力福島第一原発事故によって5年4ヵ月続いた避難指示がようやく解除されるからだ。

常磐道を深夜に北上。2時半、助手席に座った四倉PAから先は穏やかな雨が降っていた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

朝、原町火力発電所の北側の烏崎海岸に行ってみた。目当ての馬の練習の人はいなかったが、こんな天気でもサーファーたちが出ている。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

朝礼、センター長のお話。

「最近の傾向、ボランティアが減った。以前は年間1.5万。今年は4,000人ぐらいになるだろう。引っ越し作業の依頼が増えている。要望は聞くのだがその日には対応できないことが多い。今月、ボランティアは300人を割るだろう。ブログを書いても無駄。先週、内閣府と県から5人、視察に来た。今後について、いつまでやるかと。エンドレスだと考えている。
帰ってくるのは主にお年寄り。木の伐採ニーズは終息に向かうだろうが、竹はまた生えてくる。国としては5年は継続してやっていきたいと。高速無料化も要望してみたが、話はよくわかる、ただ他省庁のことだからと。県には2年前から言っているが、無理か。一人でもボランティアに来ていただきやすい環境を作りたいが」

5回もの継続となったKさん宅の竹林伐採の追い込み、今回は全員この現場の経験者だ。

今回がんばっても終わらせるのは厳しそう、しかしできるだけ進めたいと考え、チッパー、カッター部隊は上の現場で先週の残務処理。それ以外のメンバーは、上に比べて残りが目立つ下の現場で新たな竹の伐採を──という作戦を頭に描いていた。

が、(お手伝いが長期に及ぶことから)依頼主とセンター長の間で今回で終わりというネゴができていたようで、伐採は上の残り30本ほどでOKという話になった。この日中の完了が見えたのだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

ぼくは最初伐採に入ったが、伐った竹の跳ね上がりを顔に受ける、足に落とす、人の上に倒す、斜面でコケる、といったヒヤリハットを軒並み体験した。

湿度100%か、というぐらいじっとり重い空気の中での作業。Kくんが一時体調不良になった(首などを冷やしながら車中で休み、後に回復)。さほど暑いと感じないが汗はどんどん出るという過酷な状況で、認識と体にかかる負担と差が関連していたのだろうと思う。

後半、カッターの送り手を担当した。ともかく竹が重く長くキツかった…。が、終わったときの解放感もすごかった。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

小高中心部は相馬野馬追の旗指物が町に彩りをもたらしていた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

庭をゆっくり見て回る人、犬の散歩をする人、引き戸を開け家に入っていく人、ガレージを開ける人──。小高の町で、笑ってしまうほど自然に人の姿を見かけるようになった。その都度、誰かが喜びの反応をするので、車中は賑やかだった。

Kさん宅のお手伝いは避難指示解除前に無事終了できた。
ボランティアセンターの道具置き場を眺め、少し寂しい気持ちになった。まだ行くのだが、「前」と「後」ではきっと気持ちも少し変わってくるだろう。

久々に木乃幡さんに立ち寄ることができ、凍天をほおばる。やっぱりうまいっ!(ちなみに、一時16時だった閉店時間はまた17時になっていた。)

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

夕食はやっぱり二本松、杉乃家さんへ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

ただでさえ美味しいのに、お手伝いが終わってスッキリした後のなみえ焼そばは至福だった。

こうして、5年4ヵ月に及んだ福島県南相馬市の避難指示区域での、解除前最後のお手伝いが終わった。

解除といっても、少なくとも当初は10人に2人しか戻らず、一つの家として見ても多世代のうちシニア世代ばかりが主に暮らすことになる地域だ。グループとして、解除後もペースは落としながらもお手伝いを続けていくことは決めている。が、「解除まではできるだけ頻繁に行き続ける」と決めて続けた以上、「前」と「後」ではやはり自分の取り組み方にも線のようなものが生まれるんだろうな、と思った。

アメリカ先住民の言葉だったと思うが、あまりに早く長く旅をした後は心が追いついてこないから、しばらくそこに留まらなければならない、というものがある。

ひたすら通うと決め、正月とGWとお盆以外はほぼ毎週末東北へ行き続けたのはかなりエキセントリックな行動だったと思う。そして、そんな(世間から見れば)糞ストイックな取り組みに毎週10人の仲間が5年間、手を挙げ続け支えてくれたということも、特異なことだったに違いない。

こんな無茶はやがて空中分解するんじゃね? という危惧もときとき感じたが、続いた。5年も続いたのなら十分サスティナブルなんじゃないかという気もしている。

よくある仲良しグループにはならなかった(しなかった)。内輪よりも外に、お手伝い先に常に目線を向け続けた。それはちょっと誇らしい。

この5年間の意味は何なのか、よかったのか悪かったのかはやがて(心が追いついてくれば)自分の中に落ちてくるだろう。

が、続けていくと決めた以上、今努めてわかりやすい物語にする(自分に安易な報酬を与える)ことは拒否したい。どこまで行けるか、どこに辿り着くことになるかわからないが、ともかく先へ行くからだ。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。