南相馬・小高:竹林伐採の合間に双葉食堂へ そして小高駅で警笛を聞く (援人 0610便)

Posted on 2016年6月13日. Filed under: Fukushima, Great East Japan Earthquake, volunteer | タグ: |

ボランティアチーム援人、2016年6月11日土曜日(南相馬行き0610便)、福島県南相馬市の避難指示解除準備区域でのお手伝いの記録。

5年3ヵ月目の月命日。朝は八沢地区の観音像と慰霊碑の前で手を合わせた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

この日、朝礼前のセンターは続々到着する大小のグループなどで溢れ気味の様相に(参加者は最終的には100人を超えたらしい)。

素人らしきメンバーが多い団体も複数いたため、合同作業を想定し、最高で軽トラ3台の運用(ウッドチッパー、高速切断機と発動機、2チームの人数分のノコやバールなど)を覚悟、相手チームに目端が利く人がいれば1台は頼んで…など頭でシミュレートしていた。が、結果として久々の単独作業になった。

お手伝い先は小高の南部、常磐線と国道6号線の間、先週まちがってしまったKさん宅での竹林伐採だ。

慣れた10人のメンバーなので、伐採からトンバッグ詰めに至る流れはスムーズで、伐採の流量を適度に調整し、各工程に人を融通し、円滑に作業できた。特にチッパーと高速切断機がフル稼働してからは作業はどんどん進んだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

作業の気づき、2つ。チッパーに余力があるときは、枝打ちした枝だけでなく8cmぐらいまでの竹本体もどんどん粉砕すると早い(バールでの枝打ちはよくボトルネックになるから)。
また枝打ちの定番はバールだが、切れるノコとそれなりの腕力があればノコで切る。道具を持ち替えることなく枝処理から竹の切断までできて早い(ただしノコでギコギコするのでなくザッと一閃する。腕に負担はかかるが)。


昼、待望の「双葉食堂」へ。11時過ぎに行ったのに店内はすでに満員。10人チームは3回に分けて店内に入ることができた。メニューは4種類あったが、震災前有名だったという「ラーメン」を食べた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

鹿島区の仮設商店街にあった頃に混んでいて入ることができなかった経験があり(そもそもほぼ100%ボランティアをやるために南相馬に行っているので、昼に20km圏を離れた店に行った経験はほとんどないが)、ずっと待ち焦がれたラーメン。意識の外堀はもう埋まっていたので、おいしいと感じないわけがない。

が、それ以前に。テーブルに運ばれてきたラーメンを見たとき、自分を外から眺めるようなちょっと不思議な感覚を味わったのだ。え? この小高で、店に入って注文をし、出てきたものを食べることができる? と。
もう数えるのをやめてしまったほどの回数足を運び続けた場所だが、 こういう風にあたたかい食事を食べた経験はほぼゼロだったからだろう。


畑の奥と解体された家屋脇に広がる竹林は太い竹が密集しており、15時30分過ぎまでがんばったが、斜面の裾部分をやっと消化できたぐらいの進捗で終わった。トンバッグ11個。来週も継続のお手伝いになりそうだ。


16時頃だったと思うが、ボラセンに車で戻る途中、小高駅に電車が停まっているのをドライバーのYさんが発見。行ってみると、原ノ町の方を向いて電車が確かにいた(試運転は6月10日・11日と報道されていたのに)。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

やがて電車は短く甲高い警笛を鳴らし、原ノ町駅に向けて出発した。


双葉食堂の湯気を立てるラーメン。小高駅に停まっていた電車。当たり前のように犬の散歩をする人の姿(複数)。少しずつ埋まってきた「日常」のピースを味わえた日だった。

「お手伝い先の隣のお宅、ご夫婦が普通に畑仕事をしていた。以前の小高は、道に迷ったときに人に聞けるような場所じゃなかった。少しずつ戻ってきている」という、メンバーK君の感想が印象に残った。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。