走るという遊びについてのメモ(2016年5月11日)

Posted on 2016年5月11日. Filed under: volunteer | タグ: |

ワラーチ3km、裸足3km。今日はじめて裸足で3km走った(これまでの最高記録は1km)。

裸足で走ってみると、ワラーチ走のときの癖がわかった。足を上げると足裏とワラーチの間にわずかだが隙間ができる。そして着地するとき、ワラーチの底面が望ましい位置・角度で地面に着くよう、足首をひねるなどほぼ無意識に調整しているのだ(特に右足)。この動きがリズムに少し狂いをもたらし、また筋肉に結構負担をかけているのではないか。
しかし裸足だと、どんな遮蔽物もなく、自分の足そのもので着くので話が早い。だから裸足での着地は直感的で、しっくりくる。

また裸足は、ワラーチよりグリップが効くのでスピードを上げやすい。
が、足裏が痛くなりやすい。たぶんワラーチでも裸足でも、着地した後踏ん張って蹴り出すような走りはサスティナブルではない。体重移動の支点ぐらいに考えた方がよさそうだ(現時点では)。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。