南相馬:雪をかき分け被災財の片付け ややへこたれる(援人 0129便)

Posted on 2016年2月1日. Filed under: Fukushima, Great East Japan Earthquake, volunteer | タグ: |

残雪あり、積雪もあり、今季一番の寒さ。ボランティアチーム援人、2016年1月30日土曜日(0129便)、福島県南相馬市小高区でのお手伝いの記録。

出発前、Facebookグループに投稿したコメント。

「今夜の便、関東の夜までの降雪状況(+交通麻痺などあるか)、21時ぐらいの時点で東京~茨城~福島浜通りに大雪などの「警報」が出ているか…などを勘案し、場合によっては便の中止もあり得るという方針でウォッチ。なお天気予報のプロMさんもいますので、その情報も活かしつつ。参加者には別途メッセで連絡します。」

「都心の電車では「今夜は降雪でダイヤが乱れるかもしれないから気をつけて」とアナウンスしてます。今夜の集合、電車の運行状況を確かめた上で余裕をもって動いた方がよさそう。」

「0129便、出発地、経路、目的地の天気、高速道路の状況、気象注意報・警報、森下さん情報も踏まえ、今夜も予定通り出発することにしました。」

そして渋谷を9人揃って出発。予報ではみぞれだったが雨だった。

常磐道の田野PA、雪。四倉PA、雪。

援人号0129便南相馬行き

南相馬ICを降りたのが5:15ぐらい。無駄な移動を避けるため道の駅には行かず、小高の入り口のセブンイレブン前で仮眠と朝食、7:15まで(便の中止に備えてスーパーサイヤさんへの昼の弁当注文はしていなかった)。

援人号0129便南相馬行き

センターに入って着替え、雪かき。雪はこの後9時過ぎまで降り続いた。

援人号0129便南相馬行き

先週から継続となっている原町区(20km圏内)のHさん宅でのお手伝い。小屋周りの被災財の雪かき、掘り出し、搬出、分別、トンバッグ詰め。大型家電や農具など含むさまざまな家財は重機で掻き集められたような滅茶苦茶さだった。使ったトンバッグは最終的に29個。

援人号0129便南相馬行き

ちょっと精神的にへこたれた。片付ける前にまずどっさり積もった雪をどかさないと見えない。掘っても掘っても出てくる。分別するのもかなり骨が折れた。
ただ雪中の作業としては効率よく進み、区切りまで終えることができた。
ヒヤリハット、トンバッグに入れるとき複数回尖ったものでメンバーの顔を傷つけそうになった。

Hさんには温めたペットボトルのお茶、リポビタンDなどを出していただき、ありがたかった。

外にいた白黒猫、寒そうだった。野良なのか、外飼いをしているのか。次回、もっといい箱を見繕ってやろうか。

援人号0129便南相馬行き

最近センター長がまた生気を取り戻している気がするのは何よりだ。70歳を過ぎているのに体のキレがよく記憶力も相当なもので、本当に凄い。作業完了後に報告に行くと立ったままカップラーメンを食べており、奥様がそこへ海苔をのせてあげていた。ほっこりした。

南相馬の20km圏内の避難指示解除は3月末の予定とされているが、やはり一悶着ありそうだ。しかし解除されない場合でもボランティアは減っていくだろう。がんばろう。


夕食は四倉PA、イカスタミナ定食。大量のニンニクチップと一緒に炒められたプリプリのイカがうまい(食べた後のニンニク臭もすごいけど…)。

援人号0129便南相馬行き

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。