茨城・常総:石塚さん宅で築堤のお手伝い 共に考えゆるやかに進める(援人 0124便)

Posted on 2016年1月26日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2016年1月24日日曜日(0214便)、若宮戸の石塚さん宅でのお手伝いについてのメモ。

朝、元気村ボランティアセンターに向かう途中、豊岡町の「パン・デ・カーザ」に立ち寄るという楽しみ。

茨城県常総市でボランティア(鬼怒川豪雨水害 援人 0124便)

前日の小高( 0122便 )では3件のニーズをこなしたが、やや寝不足以外に大した体のダメージはなかった。

石塚さん宅のお手伝いでは依頼主自身が動かれ、密にコミュニケーションを取れること、慣れたメンバーが要所にいること、皆『つくる』作業に楽しみを感じていることから、基本は土嚢運び、土運び、スコップによる道づくりなど力仕事に回った。

それにしても──常総での8時から16時半までのお手伝いに慣れると、小高でのお手伝いが(語弊はあるが)楽に感じられる。小高でもこれだけガッツリやれればもっと進められるのに、と何度も考えていた。

茨城県常総市でボランティア(鬼怒川豪雨水害 援人 0124便)

KPT法による振り返り。

K(Keep):依頼主と密にコミュニケーションを取り、共に考え、先走らずにほどほどのペースで進めていくこと。
P(Problem):特になかったはずだ。厳冬期なので寒さ対策をしっかりと、ぐらいか。
T(Try):これまで石塚邸のプロジェクトは沢山のボランティアが関わってきたはずだが、時期の巡り合わせとはいえぼくらが仕上げの大半をやってしまっていいのか? という躊躇が少し。またプロジェクトに区切りがついた後、石塚さんは自身で成果物を広めていくんだろうか? もしそうなら微力でもお役に立ちたいと思った。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。