南相馬・小高:冬のお手伝い3件 畳搬出、ハウス解体、被災財片付け(援人 0122便)

Posted on 2016年1月25日. Filed under: Fukushima, volunteer | タグ: |

ボランティアチーム援人、2016年1月23日土曜日(0122便)、南相馬市小高区での災害ボランティアの記録。

土曜日の南相馬の天気予報は曇りだか最高気温「4.2度」と今季最低、そして18時以降の浜通りはみぞれや雪が降る予報だった。お手伝い以外の時間、移動や休憩の際はかなり寒そうなのでウェアやカイロなど備えを怠りなく、と参加メンバーに向けて投稿しておいた。

金曜夜の渋谷ジャパンレンタカーは非常に混んでいた。若い男のグループばかり。雪のレジャーに向けて出発だろうか。

朝。原町で、新聞に載っていた大規模トマト工場「あすびとトマト工場」を見学(外から。マニアックすぎたか…)。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 0122便)


南相馬市ボランティア活動センター、松本センター長の朝礼から。

「(センター長が好きな武田節の一節から)人は石垣、人は城…。当時は京都を制すればという時代だった。小高、我々の京、復興のその日は3月31日。その後どうなるか。(先に解除された)楢葉の状況はどうか。
少しでも皆さんが帰って来られる環境を整えたい。瓦礫撤去、草刈り、屋敷林伐採、解体など。
今日の課題を確認し、よく考えて行動してほしい。看護の母といわれるナイチンゲールは、責任者とは目的達成の方法を知っている人だと。一人ひとりがリーダーのつもりで考えながら、石一個、草一本でも。リーダーに頼りきる風潮はダメ。ピラミッド型から平面型へ。リーダーは資質ではなく作られるもの、学習可能。
ただし無理は禁物。できる人ができるときに。頭に入らない人はぜひTシャツを買ってほしい。
ボランティア募集チラシ、ポスターの効果で、初めての人が少しずつ増えてきた。先日は松戸市社協が掲出してくれた」

この日のお手伝い先は三軒となった。

一軒目、小高中心部、ある宗教施設(去年12月中頃にもお手伝いしたところ)で、畳約100枚の搬出。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 0122便)

解体予定だということで家屋内に土足で入らせていただく。しかし畳の上を靴で、はやはり嫌な感じがする。

お手伝い自体は円滑に終了した。お茶休憩のとき松月堂さん(震災前は小高区にあり、現在は原町区で再開されている菓子店)のバームクーヘン「樹望」をいただけたのは嬉しかった(以前も食べたが、とてもおいしいんだ!)。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 0122便)

二軒目、小高南部、6号線から海側に少し入った畑でハウス解体。伺うと、依頼主はすでに知り合いと二人で始めようとしているところだった。

常総で鯨が打ち上げられたような形状のハウスを体験した後では極めて平易な作業だ。特筆すべきこと。地中の土台用パイプは、地中にビニールコードが走っており、それにロープで結びつけられているという初めて見た形状だった(スクリュー杭代わりか)。
しかし作業はやや非効率な点も。同じライン上の作業を明確な作業分担の打ち合わせをせずやったり(見落としが生じやすい)、ペアでやるべき作業を一人でやったり(危ない)。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 0122便)

ハウス本体が終わりかけた頃、外郭部の単管パイプの風避けの解体も頼まれ、人を多めにまわす。が、埋没部分に苦戦、終了は12時を越えた。最初にもっと注意して現場を見て依頼主に確認すべきだった。

12時45分から遅い昼食をとって三件目へ。原町区の南端部(避難指示解除準備区域)、高台にあるお宅で被災財片付けだ。センター長からは「1日では終わらない量だ」と説明されたもの。

着いてみると、家の周りが被災財だらけ。家の裾部分に積まれた沢山の竹の山はご夫婦が半年かけてやったと聞き、俄然やる気が湧いてきた。経年で朽ちたトンバッグの詰め替え、伐採と玉切りまで済んだ竹のトンバッグ詰め、合計16袋。さらに少しだけ家屋周りの被災財分別に着手することもできた。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 0122便)

15時過ぎ、終了。ニーズ全体はまだまだだが、区切りまで終えることはできた。


お手伝い後、小高中心部で猫の散歩をしている人に遭遇(思わずビデオを撮ってしまった)。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 0122便)


センターに戻って着替え中に雪が降りはじめた。帰路、雪と常磐道のノロノロ運転が断続的に起きていたので、四倉PAはスキップし帰京を急いだ。

寒い中だったが、三件のニーズに応えることができ、満足だ。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。