南相馬・小高:戻らないお宅でのお手伝い一件 住み続けるお宅でのお手伝い一件(援人 1127便)

Posted on 2015年12月2日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

金曜夜、南相馬から常総への週末、スタート。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 1127便)

早朝、南相馬。鹿島御子神社の大ケヤキを見に行く。そう広くない敷地に二本の巨樹があり、奥の方は目立たないが特に大きい。小高の大悲山の大杉とどっちが大きいんだろう?

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 1127便)

…という投稿をFacebookでしたら、コメントで以下のウェブページを教えてもらった。

「南相馬市で一番高い木は、鹿島区にある鹿島御子神社の大けやきで48m、2番目は小高区大悲山の大杉で、45mの高さがあるそうです。…南相馬市で一番太い木は 鹿島区にある鹿島御子神社の大けやきで、幹まわりが800cmあります。2番目は小高区大悲山の大杉で、幹周りが780cmあります」

高さ、太さ共に、小高の大悲山の大杉は鹿島御子神社の大ケヤキに少しだけ負けているようだ。

午前のお手伝いは、家屋からの被災財出しだと聞かされていた。中心部から車で5分ほどのお宅だ。

壁にひび割れなどはあるが、屋内はきれいに片付いている印象だった。板張りの床や畳の状態も悪くない。
しかしご主人の「土足で上がってくれ」という言葉に、あぁそうなんだな、と気づいた。
この家は解体し、ご夫婦は小高には戻らないという。お子さんがいる原町区に住むことにしたのだとか。。

廃棄するものはほとんど分別済みで、家具類も中はほぼ空だったので、作業を手際よく進めると1時間強で庭にトンバッグ7個、タンス、鏡台、戸棚などが整然と並んだ。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 1127便)

サバサバした様子のご主人に対して、奥様は受け入れがたい思いがあるようだった。
ぼくらが働く姿を気落ちした様子で眺めていたが、「あっという間に終わっちゃうんだね」とつぶやいた。

その後お茶やお菓子をいただき談笑しているときも、奥様だけは台所の椅子に座っていた。その場にいたくないという雰囲気だった。

そのとき繰り返し湧いてきた、何をしてあげられるか? どうにもしてあげられないという思い。
その思いと共に、4年8ヵ月たった避難指示区域に、こういうご夫婦がいたことを覚えておきたい。

二件目、国道六号より少し海側のお宅で斜面の雑木の伐採という依頼票をもらう。
行ってみると、依頼主はかなり密生した笹も含め皆伐、そしてトンバッグ詰めも希望されたがセンターと連絡し、この地域でこの後入るはずという除染作業との兼ね合いで作業を一部減らしてもらった。
それでも作業量は十分に多く、15:20までかかって笹の刈り取りを全部終えることができたのは上首尾だろう。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 1127便)

この日のお手伝いは、一軒は残念ながら家を解体するため、もう一軒は住み続けるため、となった。

小高駅前の通りは、東町エンガワ商店などいくつかの場所でイルミネーションの支度が進んでいるようだった。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 1127便)

夕食は、高速のパーキングエリアってレベルじゃねーぞ! ってぐらい美味しい魚メニューが豊富な常磐道・四倉PA「よつくら亭」で。

南相馬市小高区(避難指示解除準備区域)で災害ボランティア(援人 1127便)

この日は日替わりの「鯛のあら煮定食」にした。大ぶりのお椀に鯛の切り身がごろごろ、さらに鯛の刺身つき。これで900円はありがたすぎる。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。