南相馬・小高:ビニールハウス解体二棟 依頼主からいただいた柿(援人 1120便)

Posted on 2015年11月27日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人。1120便、2015年11月21日土曜日の福島県南相馬市の避難指示区域でのお手伝いの記録。

四倉PA、ドライバーはNさんからYさんに交代、そしてトイレ休憩。いつも買っている缶コーヒーが「あったか~い」に変わっていた。いよいよ冬か。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1120便)

夜明け頃まで垂れこめていた雲は徐々に掻き消え、晴れ。今日はボランティアの数が多い。千葉、福井、愛知などの団体名が見える。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1120便)

午前、5mほどの小さなハウス2棟解体。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1120便)

依頼主に来ていただき、ハウス内の物の扱いなどを細かく聞くことができた。廃棄するものはトンバッグに詰めたいという追加要望が出るなど、依頼票を超える細かい対応ができてよかった。

お父さんはずっと柿の木3本の剪定をしていた。女性メンバー3人が柿を食べながら談笑する場面もあり、依頼主の心も温まっただろう。最近の小高のお手伝いではこういうふれあいが増えてきた。他の被災地なら当たり前なのだが…。

昼食は小高駅前の広場で。ホームの改修は少しずつ進み、今回は「黄色い線より内側をお歩きください」の外側部分が新調されていた。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1120便)

二件目、除染進行中のお宅での雑木伐採。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1120便)

業者担当外の場所をとのことだったが、家の後背の山は10mほど丸裸になっていた。ここまで徹底してやるのに何人で何日かかったのだろう? 除染には途方もなく手間がかかるということを実感した。

業者が玉切りした木を黒いトンバッグに詰め、裏山の伐採を時間まで進めた。依頼主はこの裏山を可能な限り裸にしたい、という心情なのだろうと思った。1時間半のお手伝いだったが、区切りをつけて終了。

今日、小高のお手伝い先でいただいた柿。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1120便)

ぼくらがビニールハウス二棟の解体をしている間、依頼主である老齢の男性は、道に面した3本の柿の木の手入れをしていた。
女性メンバー1人が最初に話しかけ、そのうちメンバー3人が依頼主の傍で柿をかじりはじめた。
(後で聞くと、3本の木のうち一番右の木の柿だけは甘いよ、ちゃんと放射線検査をしたものだから大丈夫だよ、といった話をされたという。)

ハウス解体を勧めながら、ぼくはその様子をときどき見ていた。

ぼくらには、毎回の便の出発時には必ず説明しているお手伝いの心得がある。
段取りは重要なので最初に効率的・安全なやり方を皆で話し合うこと、作業中によりよい方法を見つけたらどんどん提案すること。このような実践的な内容の他に、「依頼主から話しかけられたらまずは手を止めて話を聴くこと」というものもある。

今回のやり取りもその範疇のものだと判断したので、残りのメンバーでタイトに作業を進めつつ、柿を楽しそうに頬張る3人はそのままにしておいた。

最後に、お父さんはメンバー全員分、20~30個もの柿を用意してくれた。

帰還の日が近づいた小高では、最近このように依頼主とおだやかに交流しながらお手伝いを進めるケースが増えてきた。

災害ボランティアの本分は、何より依頼票に記載されたニーズをやりきることだ。
しかし依頼主の満足は、依頼が終わったこと、お手伝いしたぼくらと気持ちが通じたこと、その二つの掛け合わせできっと決まるのだろう。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。