南相馬・小高:大雨のなか田んぼの用水路を4年8ヵ月ぶりに通す(援人 1113便)

Posted on 2015年11月20日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、1106便。2015年11月14日土曜日、福島県南相馬市・避難指示解除準備区域でのボランティア活動の記録。

土曜未明の常磐道。道の両側がほぼ漆黒に包まれた区域を抜け、そろそろ南相馬へ着く時間だ。
なぜ明かりがないのか、その理由を思い出すと切なくなる。でも少し後に闘志も湧いてくる。
天気予報では今日の小高は雨らしい。それがどうした。いつも通りがんばろう、と思う。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

朝、南相馬の方のTwitter投稿で知った鹿島区の「宝蔵寺」を訪れてみた。雨の中だが(だからこそ、かも知れないが)見事な紅葉だった。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

朝のボランティアセンター近くで見かけた光景。この家は窓枠を新調したようだ。きっと帰還されるんだろうな、と思った。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

この日は天気予報通り一日中雨だった。弱く強く、さらに強く、そして一時は豪雨のような勢いで降り続いた。

そんな中、午前のニーズは田んぼ周りの用水路の泥出し。深いところで約50cmも堆積した泥を掻き出す作業だ。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

レインウェアを着ていてもほどなく全身に雨が浸透し、着ても着なくても変わらないんじゃ? という疑問が頭をもたげる。

進め方の反省。結論として、メインの用水路に近い部分から進め、まず端を通すべきだった。念頭にはあったが自分含め各人バラバラに進め、Yさんの指摘で軌道修正できた。

4年8ヵ月ぶり、用水路が開通。詰まった側溝に再び水が通り足下を勢いよく流れていく感覚は気持ちいいものだ。たとえ濁った流れであっても。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

今回もボラセン指示と依頼主意向の食い違いあり。朝の指示通りやって帰還したら、やり直しになったろう。新たに指示された「用水路づくり」には、根が多数張りめぐらされぬかるんだ地面の開墾にスコップより鍬が役立った。さすが伝統の農具!

立ち合いなしのはずだったが、依頼主夫婦がたまたま帰宅された。震災後の不在でいろんなところが傷んでしまった家はリフォーム中。それも終了間近で、避難指示解除後は帰還するつもりだという。

泥出しのお手伝いは13時半に終了。
雨はやまず次に行こうか迷ったが、メンバーの顔色・体調を見て、また活動に慣れたメンバーばかりなので行くと決めた。継続で多くのチームが入っている竹林伐採だ。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

現場に着くと思わず笑ってしまうほどの土砂降りの雨が迎えてくれたが、2チームに分かれて連携よく進め(しかしやはり雨の竹林は危険で、ヒヤリハットもいくつかあった)、体が温まってきた頃にタイムアップ。

雨にも負けず、よく働いた。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

夕食は四倉PAで、日替わりのブリカマ煮定食を注文。魚が美味しい店なので、日替わりメニューに煮付けを見つけたらほぼ迷いなく頼むようにしている。

南相馬市小高区(避難指示区域)で災害ボランティア(援人 1113便)

よくしみてておいしかったけど、明らかに二人前超えの暴力的な量だった。もったいないので全部食べたが、しばらくお腹が苦しくてしかたなかった…。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。