茨城・常総:本降りの雨の中田んぼの土砂掻き出し 来年も作付けする依頼主のため(援人 1108便)

Posted on 2015年11月19日. Filed under: volunteer | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1108便、関東・東北豪雨で被災した茨城県常総市でのお手伝いの記録。

雨の中泥だらけになってまでやる意味のあることってなんだろう?
答えその1、災害ボランティア。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

1日でも早く復旧したいと困っている人の手伝いは、雨が降っていても進めることができるから。

日曜日。いつもの時間に、いつものメンバー数で、いつもの場所を出発。行き先はもちろん常総!

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

援人のようなグループは「器」であり「流れ」だ。メンバー個人の思いも力量もまったく同一ではないけど、行き先が一致するとき、全員の力の総和以上のものが生まれる。

気心の知れた仲間と共に、ときに自転車を手放し運転するようにリラックスしながら、今日もがんばってこよう!

16人チームで、側溝掃除、田んぼに流れ込んだ土砂の掻き出し。雨中、全員びしょ濡れ泥まみれ。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

道路が崩壊し、土砂や砕石が流れ込んだ範囲は最初の目算の4倍はあるとわかった。
15時過ぎ、雨も本降りなので終わらずに撤収。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

「来年も田んぼ、やられるんですか」
「やるつもりです」

この言葉を聞いた以上は、絶対に終わらせなければ。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

来週また常総へ。自分の気力体力と、メンバーの力をかき集めて。

昼、今回の依頼主のお宅はやや離れているので、前回お手伝いしたWさん宅の作業小屋で休ませていただいた。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

可愛い子猫たちが和ませてくれた。そしていただいた熱いお茶が体にしみる…。

そして、お手伝いの最後、依頼主からすごいものをいただいてしまった。新米30kgだ(精米してあるので、正確には27kgらしい)。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

さらに元気村ボラセンに戻ると、復活したばかりの春子屋さん(常総・石下の名物だんご店)のお団子をいただいてしまった~っ! 泥出しなどのお手伝いをさせていただいたことへのお礼らしい。

茨城・常総 豪雨水害ボランティア(援人 1108便)

11月8日のNHKで、常総についての気になるニュースが流れていた。

20151108

瓦礫や泥が流れ込み「被害が激しかった10ヘクタール」はすでに決定しているのか? ぼくらがお手伝いした田んぼはどうなるのだろう?含まれない場合、他にどんな救済策があるのだろう? ──と、さまざまな疑問が浮かんだ(来週依頼主にも、ご存じかどうか確認してみたい)。
また強く気になるのは、復旧作業が「来年初め」では、作物によっては来年の作付けは諦めざるを得ないだろう、という点だ。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

コメント / トラックバック1件 to “茨城・常総:本降りの雨の中田んぼの土砂掻き出し 来年も作付けする依頼主のため(援人 1108便)”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed

[…] 本降りの雨の中田んぼの土砂掻き出し 来年も作付けする依頼主のため(援… […]


Where's The Comment Form?

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。