南相馬・小高:今年一番の酷暑の中で家財出しと草刈り 途中でやむなく撤退(援人 0731便)

Posted on 2015年8月7日. Filed under: volunteer | タグ: , , , |

ボランティアチーム援人、0731便、2015年8月1日土曜日、福島県南相馬市小高区でのお手伝いの記録。

金曜夜、集合場所の八重洲に向かう際、夜なのに空気がとりわけ熱かった。翌日のお手伝いは、今年一番の酷暑の中でかなり厳しいものになった。

朝食後、福島民報に載っていた原町のひまわり畑を見に行く。6haもあり(東京ドームよりも広いらしい)、隣接する仮設住宅の人たちのために植えられたという。

南相馬・小高でボランティア(援人 0731便)
この日は2件のニーズに対応した。

一件めはボラセンからすぐの場所で、敷地内に家屋と工場が同居しているお宅。ニーズは被災材の収集、分別、トンバッグ詰めだった(他チームからの引き継ぎ)。

南相馬・小高でボランティア(援人 0731便)

現場に着くと、入口からトンバッグが15個ほど並び、家電や家具は工場の軒下に山積みで、45L袋に詰まった廃棄物が約30個。これを引き継いで仕上げるのがミッションだ。その他に敷地内の草刈りもあった。

南相馬・小高でボランティア(援人 0731便)

朝からともかく暑い。トンバッグを組み立てるため中に入ると熱い空気に辟易する。強い日光で手袋の黒い部分がかなり熱を持つ。

このニーズは午前で終了し、センターに戻って昼食をとる。
すでにバテていて、食べ物が喉を通りづらかった。

2011年からの災害ボランティアで、過酷な天候はいろいろ経験した。皮膚が焼けるように暑かったことも──陸前高田や南三陸などで──、鼻や指先がちぎれそうに寒かったことも──強く雪が降る牡鹿半島や南相馬で──覚えている。
そんな中でも、今日は間違いなく記憶に残る厳しい日だなと思った。

午後は中心部から2kmほど西、高台の墓地の草刈りだ。

墓地の下にある一軒家は除染が終わったところらしく、庭や後背地の表土がきれいに剥ぎ取られていた。引き込み道に車を停めて上がって行く。小さな高台には墓が離れて点在し、それぞれの墓の持ち主が草刈りをしているようだ。が、指定された奥の一角だけは草が鬱蒼と茂っていた。

ここでの作業はかなりキツかった。
日射しは強く、草むらに分け入るとすごい熱波がまとわりつく。下草、植栽、樹木を問わず、ほぼ全面をツル性植物が覆っており、まずはこれを取り除く必要がある。刈払機だと絡みつくし、手鎌などだとスピードが著しく落ちる。
刈払機で強引に粗く刈った草をレーキやフォークで集めるメンバーの表情も紅潮し、険しくなっていった。

南相馬・小高でボランティア(援人 0731便)

日陰はほとんどない。休憩時にぬるい水を飲んでも、体温が下がる気がせず、まさに焼け石に水だった。

数人のメンバーがギブアップし、車に戻って休憩。ぼくを含め他のメンバーも、休憩を多め・長めに取りながら進めたが、区切りのいい15:00での途中撤収を決めた。残念ながら次回に継続だ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0731便)

夕食は二本松・杉乃家さんで、ラーメンとミニカツ丼セット。お手伝い直後はあれだけバテていたのに、余裕で平らげてしまった。

南相馬・小高でボランティア(援人 0731便)

身体が欲していたんだな、と思う。エネルギーを出し切り、またガッツリ入れた。
これなんだよ。来週もまたがんばろう、と思った。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。