南相馬・小高:今年最後のボランティアはまたも竹林伐採 のち菓詩工房わたなべの「お疲れ様」ケーキ(1226便)

Posted on 2014年12月29日. Filed under: volunteer | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1226便、2014年12月27日土曜日のお手伝いの記録。

今週も10人のメンバーが東京・八重洲に揃い、今年最後の南相馬・小高へ向けて出発。

このルーティンに慣れたせいか、金曜夜にぼくが一番落ち着く場所は東北道をひた走るワゴンの車中。日産キャラバンのシートでの仮眠に身体が本当によく馴染んでいる。こないだトヨタハイエースで行ったときは、シートが変わったので首が寝違えたほどだ(笑)。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

天気予報から東北道ルートでの福島入りを予定していたが、途中からチェーン規制がはじまったため(スタッドレスは履いていたが)北関東道から常磐道へとルートを変更した。

未明、いわきで風花が舞う。予報と違い、中通りだけでなく浜通りでも結構降るのかな…と思った。

国道6号線の、枝道に全て柵が立てられた“バリケード地帯”は何度通っても息が詰まり、気が重くなる。
そして大熊町の福島第一原発に最接近したところでは、車内の線量計が指す値は今回も10μSv/hを超えた。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

南相馬、厳寒の冬の朝。前夜の雪が残る海沿いを走った。道路の左右は平坦で、それは津波被災地域だからだとわかっていても、綺麗だなと感じてしまう。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

お手伝い先は、国道6号線よりやや海側、高台のお宅(の跡。母屋はすでに解体され、二階建ての道具小屋のみ残っている状態)。その裏山の竹林伐採だ。この裏山は、さらに高台にある別のお宅につながっている。

継続案件で、伐採は3割ほど終わっており、丈詰めされた竹、枝打ちで出た笹の山があった。伐採、丈詰め、枝打ちだけならなんとか終わるかも、という量だった。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

早速作業を進めていると、立ち会いなしの予定だった依頼主(年輩夫婦)が来られた。
ご主人はかなり訛りが強い人だ。作業範囲と優先度を伺うと、範囲は当初見積もったより広く、また笹を置いたままではダメだという。この地域ではゴミの回収は始まっているんですか、と尋ねると把握されてない様子なので、昼にトンパックを持ってきて詰め、田んぼの脇に置いておくことになった。

枝打ちした笹はトンパックには意外に詰めこみづらく、この追加作業で、ニーズ完了は難しくなった。
ただ、依頼主が明日ここでもちつきをすると話し、臼など準備をしていたため、母屋跡の敷地はきれいに片付けておこうと、トンパック詰めを最優先に。余った笹は一段上の場所へと移動した。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

15時30分までがんばったが、結局、竹林伐採90%、丈詰め・枝打ちが必要な竹を半日分ほど残しての終了となった。
ここのところ連続での竹伐採。ノウハウをそれなりに活かすことができ、チーム内での分担もよく、大きな仕事量に対して善戦したと思う。本音を言えば、もし明日も来れるなら今年中に仕上げてしまいたかったが…。

最後の追い込みで、ある一角に残った竹を猛烈に切っているとき、持参したG-Sawの刃がパキッと折れた(替え刃式だが)。ふっと脱力し、1年間いろいろやったなぁ、とちょっと感傷的になってしまった(写真は後で撮ったもの)。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

2014年のお手伝いは、これで終わった。
今年も勢いを失わず、チームで行き続けることができた。

「小高秀 本日売り切れました」(悲)。お手伝い後で駆けつけた「シーテラスわたなべ(菓詩工房わたなべさんの原町の店舗)のショーケースには、そんな札が出ていた。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

が、今年最後のお手伝いを終えた自分たちを労うため、ケーキ(5号サイズ×2)を予約しておいたのだ。
2日遅れのクリスマスケーキもいいなと思ったけど、電話で尋ねると予約殺到でデコレーション類がもうないと言われ、お誕生日ケーキのプレートに「お疲れ様でした」というメッセージを書いてください、と頼んでおいた。。

ホールのケーキを頼んだのはいいが、車中で切り分け食べる方法を考えてなかったので、ケーキをそのままワゴンに積んで八木沢峠を越え、二本松の杉乃家さんへ向かった。

杉乃家さんは無理なお願いに快く応じてくれ、今年最後のなみえ焼そばの前に、特別なケーキを味わうことができた。
(「南相馬でケーキを買ってきて…」と言ったら店主の芹川さんが即座に「わたなべさん?」と言ったのはびっくりした。それだけ有名なお店らしい。)

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

最後に。
2南相馬・小高での今年最後のお手伝いの後、10人のメンバーで撮った集合写真をアップしておく(この日はたまたまこの10人だったけど、他にも今年数十回のお手伝いを共にした沢山の仲間がいる)。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1226便)

信じたことを長く続けるには1人では難しく、いい仲間が必要だ。多くは地味な作業だし、1回で大きな進みがあるわけじゃない。だけど小さな変化は起こせる。それを一緒にやりませんか? と尋ねたら、黙ってうなずいてくれる仲間に囲まれているんだな、と思った。

お手伝い先の南相馬・小高は未だ復旧途上。2014年が終わるという区切りに大きな意味はない。が、社会人としての生活と定期的なお手伝いを両立させるぼくらにとっては、やはり感慨があった日だった。

もちろん来年も行く。
また、より多くの仲間と一緒に行くという取り組みも、ますます困難になるけど絶対に続けるつもりだ。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。