南相馬:原町のお宅でひたすら竹伐採 家の再建を誓うご夫婦のため(援人号1219便)

Posted on 2014年12月22日. Filed under: Roundup | タグ: , |

ボランティアチーム援人、1219便、2014年12月20日土曜日のお手伝いの記録。

この便の数日前、南相馬市内のある仮設住宅で独り暮らしの女性が亡くなった、自死と推測されるという新聞記事を見た。避難指示区域である小高から避難されていた方だそうだ。

帰りたかっただろうな。
改めて自分ができるお手伝いをしっかりやろう、と気持ちを引き締める。

金曜夜、さらに忘年会シーズンなのでいつもの倍は騒がしい東京・八重洲を10人チームで出発。
今年も息をするように通った。でも年内のお手伝いは残り2回となった。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1219便)

朝6時頃、まだ日が昇る前の南相馬の国道6号線の光景。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1219便)

避難指示区域である小高区、浪江町や、それ以南でのさまざまな工事などに向かう車で、上り車線だけはすでに混雑している。国道沿いのコンビニも、昼食を慌ただしく買っていく人たちでレジに長い列ができていた。

福島浜通りの復興はまだまだ進行中だ。

今日のお手伝い先はセンターから原町側にやや戻ったところ、原町区の個人宅だった(避難指示解除準備区域は、一部原町にもある)。

ニーズ票には竹伐採、庭木剪定、草刈りなどとあったが、現場に着いても何をどの程度までやるべきか判然としないため依頼主に電話してみた。依頼主は30分後ぐらいに到着。年配のご夫婦で、旦那さんが去年大病にかかり体力が落ちたのでボランティアに依頼したとのことだった。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1219便)

敷地の真ん中に建つやや古い家屋は、畳が上げられ床はところどこ抜け落ちている。地震で屋根損傷、雨漏りしたことや、避難で換気できず湿気がこもったせいらしい。修理しようかと迷ったが、建て直す予定だという。

作業内容と優先順位を伺うと、家の三方に広がる竹林伐採が最優先。刈りっぱなしでいいのでともかく刈ってほしい、と。
高台の家の周りには田畑があり、竹林は目隠し用、せいぜい間伐ぐらいかな、と思ったが、全部刈ってほしいと奥様が言うのでそれを頭に入れて作業にかかる。

その後はただひたすら斜面の竹を伐採していった。竹に絡むツルや雑木のせいでかかり木になりやすく、なかなか倒れないことに苦労しながら。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1219便)

午前中の時点で終わったのは全体の1/5程度だった。午後は追い上げ、3/5くらいまで進んだところでタイムアップとなった。家からの眺望はあらかた開けていた。

今回もキツいお手伝いだった。上腕はパンパン、右手の平にはマメができていた。

最初、家の周りの竹林を全部伐ることについて旦那さんは賛成しかねる様子だったが、奥様は「風通しが悪いと風水的によくない」と押し切った。会話の中でのちょっとした一言だったが、戻ってからの暮らしが少しでも快適になるようにという願いなんだな、と感じた。

ぼく自身は風水といったものを信じない。が、ずっと避難生活を送っている家の持ち主がそう考えるなら精一杯働こう、と納得して動くことができた。依頼主の望みを自分がどう思うかに関わらず、依頼主の望みが実現するようお手伝いする。震災・原発災害の影響下に長くある人たちを、できるだけそういう風に助けたいと思うからだ。

南相馬・小高でボランティア(援人号 1219便)

依頼主ご夫婦は、今日は仮設でボランティアたちと共にクリスマス会があると言っていた。
帰還まで先はもう少しある。心穏やかに過ごして、希望を持ち続け、やがてお宅に帰れるといいなと思う。

今回のお手伝いには、2年ぶりに参加したメンバーがいた。活動を長く続けること、そして自分たちの活動が、いつからでも再び参加できるような“開かれた器”であることの大切さを再確認できた。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。