“その日その時”には率先避難者になれ 人が逃げない3つの理由(片田敏孝著「人が死なない防災」から)

Posted on 2014年4月8日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

片田敏孝さん(群馬大学大学院教授)の著作「人が死なない防災」の読書メモ。

去年、ぼくは「シンサイミライ学校」というシリーズ番組(NHK Eテレ)で観た片田教授の防災教育の取り組みに強い感銘を受け、勢いで以下の記事を書いた。

するとはてなブックマークで300以上ブックマークされるなど結構大きな反響があり、それが良質な被リンクと見なされたのか、このブログに「釜石の奇跡」という検索キーワードで毎日人がやってくるようになった。

そのこともあり、「人が死なない防災」が電子書籍化されたタイミングで読んでみたらやはりとてもよい内容だった。エッセンスを紹介したいと思う。
(付け加えると、“書かなきゃ”と思ったもうひとつの理由は、2014年4月1日に起こったM8.2のチリ地震による津波注意報や避難について、日本のTwitter界隈の冷ややかな反応にやや違和感を感じたこと、だ。)

マスコミが盛んに報道した「釜石の奇跡」について片田さんは、周りを先導しながら迅速に避難した子供たちの行動を讃える言葉として理解はできるが、自らこの表現を積極的に使う気にはなれない、と述べる。自らの取り組みは道半ばだった、

「私は、学校向けの防災教育だけをやろうと思っていたわけではありません。子どもたちに防災教育を行い、その子どもたちを介して、大人たちに意識を広げていく。そんな防災をやりたかったのです。講演でも「犠牲者ゼロの地域づくり」という演題を多用していました。しかし東日本大震災の大津波では、99.8%の児童・生徒は生存したものの、釜石全体では死者・行方不明者が1000人を超えました。防災研究者としては、明らかに敗北です。

と懺悔する。

片田さんが2010年7月に釜石高校の生徒たちに向けて行った講演に、こんな一節がある。

「将来、津波は必ず来る。私は、これを皆さんにしっかりわかっておいてもらいたい。いつの日かわからないけれども必ず津波が来る。その日のことを、皆さんが今どう思っているかによって行動が変わってくるわけです。毎回毎回避難して、最後に「やっぱり避難しておいてよかったな」を勝ち取るのか、「なんだよ、津波来ないじゃないか」と言ってそのうち避難しなくなってしまうのか。最後の一回で迎える結果は、もうすでに決まってしまっているのです。

この講演から1年もたたないうちに、東日本大震災は起こった。講演を聞いた生徒一人ひとりはその日、どんな行動をとったのだろう。

災害が起きたときに人が避難する・しないを分ける境い目はなにか。それを考える前提として、本書の内容から逃げるべきときに人が逃げ(られ)ない3つの“罠”を読み取ってみた(この本の中で3点に分けて説明されているわけではなく、ぼくなりの視点で整理を試みたもの)。

人はなぜ逃げないのか:(1)想定・先入観に捉われすぎてしまう

防災の考え方で「100年確率」というものがある。たとえば100年に一度の確率で起こる津波や河川の氾濫に備え、立派な堤防をつくる。すると住民はそれに安心しきって、また年月がたつと災害の伝承も途絶え、備えを怠っていく。
そこに襲いかかるのが100年確率を超える規模の災害だ。釜石ではハザードマップ(災害による被害予想図)の浸水想定区域の外側にいた人が多く亡くなった。津波は“万里の長城”とまでいわれた田老の巨大防潮堤をも超えた。

このことについて片田さんは、

「田老や釜石など東日本大震災で被災した地域は、「想定外」だったから被害を受けたわけではありません。また、「想定が甘かった」わけでもありません。そうではなくて、「想定にとらわれすぎた」のです。
東日本大震災によって顕在化したのは、防災というものがはらむ裏側の問題です。それは、防災が進むことによって、社会と人間の脆弱性が増し、住民を「災害過保護」ともいうべき状態にしてしまうという問題にほかなりません。」

といい、防災教育を行っていく上ではこの点の理解を正し、どう主体的に判断・行動できるようにするのかが最重要なポイントであると述べている。

人はなぜ逃げないのか:(2)行政への過信・甘え

日本では、自然災害で年に数千人が亡くなっていた時代があった。それは「明らかにシステムエラー」、つまり仕組みの不備が原因だ。しかし防波堤、堤防、砂防ダムなどができ、災害対策基本法の下で情報伝達や避難体制も整備された。
日本の防災の課題はすでに年間100人程度の犠牲者をどうゼロに近づけるかというレベルで、そこで行政にできることには限界がある。「限界だけではなく、弊害すらあると思います。弊害とは何か。自然災害に向かい合うのは行政で、行政の庇護のもとに住民がいるという構造です」。

片田さんは新潟豪雨災害(2004年)の住民を対象とした調査結果から、以下のように指摘する。

「おかしいと思うことがあります。自由回答の一つに「浸水が進んでも避難勧告がなく、避難できなかった。市の責任は重い」というのがありました。このまま読むと、それはそうだろう、情報もないまま水が来たから住民は怒るだろう、と理解はできます。しかし、読み方を変えるとどうでしょう。「水が来た。だけど、逃げろと言われなかったので逃げられなかった。市の責任は重い」。あなたは逃げろと言われなければ逃げないのか、と言いたくなるような状況がここにあります。

平屋建ての家で床上浸水がはじまっても逃げず、代わりに避難勧告を待つ、という姿勢。
日本人は長年行政主体の防災に頼り切っていて「災害過保護」というべき状態にある。「このままの姿勢で「その時」を迎えるなら、「役所のせいだ!」と言いながら命を落とす事態になりかねない」というのだ。

人はなぜ逃げないのか:(3)「正常化の偏見」という認識の歪み

明治三陸津波、昭和三陸津波、チリ津波(1960年)など度々犠牲者を出し、防災意識は高いとされる宮城県気仙沼市を2003年、震度5強の地震が襲った。そのときの住民の行動についての調査結果が紹介されている。

  • 「地震が起こったとき、あなたは津波を想起しましたか」という問いに、87%の人が「思い浮かべた」と回答
  • 「その結果、津波が来ると思いましたか」という問いには「来る」「来る可能性が高い」が合わせて63%
  • さらに「身に危険が及ぶと思った」「危険が及ぶ可能性が高いと思った」と考えた人は合わせて29%だった
  • そして実際に逃げた人は1.7%だった

地震が起こり、100人のうち87人が津波を思い浮かべ、63人が津波が来そうだと予測した。しかし自分の身の危険を考えた人は29人にまで減り、実際に逃げた人はわずか2人だった。

片田さんはこの結果を踏まえ、防災を考えるときには「津波のことを知る以上に、災害に対峙した人間の心の状態を知ることのほうが重要」だという。人間は嫌なことが来るといわれるとそれに対応するのはすごく弱い、と。

これは「正常化の偏見」(よく「正常性バイアス」とも紹介される)という、人が陥りやすい認知バイアス(ものごとの捉え方の歪み)のひとつだ。
異常な事態に遭遇しても「大丈夫だ」と思いこもうとし、心の平静をなんとか保つ努力をする。しかし一方で「心配でしようがないから情報収集に走る。情報収集に走るがゆえに、なおさら避難しない。そして、避難していない自分を正当化する理由を探すと簡単に見つかる。このようにガチガチに固められた中で、結局、逃げられない」ということが起こってしまう。
あなたは身近に災害が起こったとき、(後から考えてみれば)本来とるべきだった行動の代わりに、インターネットなどでひたすら情報収集に没頭してしまった経験はないだろうか。ぼくにはある。

つまり、津波を感知するシステムや情報伝達ネットワークがいくら発達しようが、情報を得ても人は逃げようとしないという習性が最後の障壁になる。「災害に強い住民であるためには、まず、災害に接した自分が逃げようとしないことを自分自身が理解していることが重要であり、そのうえで、それを押して行動に移ることができる理性が必要なのです」と片田さんはいう。

あらためて、三原則の「率先避難者たれ」の意味とは

釜石の子供たちの高い生存率につながったとして有名になった「津波避難三原則」は、以下のようなものだ。

  1.  想定にとらわれるな
  2. いかなる状況でも最善を尽くせ
  3. 率先避難者たれ

“津波はここまでしか来ない”といった与えられた情報を信じるな、これ以上の対応はできないというぐらい精いっぱい行動しろ。ここまでは自然災害に対峙する主体的な「姿勢」についての原則だ。
「ただし、人間の心というのはままならないもので、たとえ正しい姿勢があったとしても、正しい行動に結びつくとは限らないのです。それを打破するために、子どもたちには三番目の原則として、こう教えました。「率先避難者たれ」」。

この原則は“1人で逃げろ”というものではない。実際に子供の問いに、片田さんは「君が逃げることが、周りの多くの人たちを救うことになる」と答えている。

「非常ベルが鳴って最初に飛び出すのって、カッコ悪いだろ。だいたいが誤報だからね。戻ってきたら、みんなに冷やかされる。そんなことを考えると、逃げたくなくなるよね。でも、本当に災害が起こったとき、みんなが同じことを考えて逃げないでいると、みんなが同じように死んでしまう。だから、君は率先避難者にならなくてはいけない。」

正常化の偏見に捉われた人たちは“逃げるべきでない”という考えを固守しているのではなく“逃げていいかどうかわからない”不安の中にいる。だから誰か一人が率先して逃げはじめることでその膠着状態を破る、ということなのだ。

「「あなたが逃げないから私も逃げない」という不安の中で、誰か一人が率先して避難をしたら、もしくは「逃げるぞ、逃げるぞ」と声をかけて避難をしていったら、行動を起こすだろうということです。ほとんどの人は、そこまでしても逃げないというほど図太くない、ということでもあるのだろうと思います。」

次の「その日、その時」はいつか?

「(災害のとき人が逃げようとしないのは)私は人間らしいと思います。しかし、「人間とはそういうものである」ということを知ったうえで、せめて、「その日、その時」だけは合理的な行動をとりましょう、それがこの土地で生きるための作法です、と説き聞かせることが、私なりの防災教育であるように思います。」

あなたやぼくにとって、次の「その日、その時」はいつだろう?
東日本大震災を思い出してほしい。どこにいるか、どんな備えをしているかに関わりなくそれはやってくるはずだ。そのときは、避難という「きわめて高度な理性的行為」のスイッチを入れてほしい。

それが、大切な人を悲しませないためにも、そして自分が生き残った上で他の人を助けるためにも、あなたがやるべき最も重要なことだと思う。

もう長くなってしまったので、要点だけメモしておいた以下のトピックは割愛します。

  • 津波てんでんこの本質と釜石における有効性
  • 地震の大きさと地震の揺れの大きさの違い
  • 津波の特性:岬ではどの位置が危ないか、島ではどうか
  • 高齢者をはじめとする災害時要援護者の問題
  • 行政に限界があるから自助・共助、ではなく内発性を
  • 避難の三態様:緊急避難、滞在避難、難民避難

ぼくがまとめた内容を含め、興味があればぜひ「人が死なない防災」を読んでみることをお勧めします。

広告

コメント / トラックバック1件 to ““その日その時”には率先避難者になれ 人が逃げない3つの理由(片田敏孝著「人が死なない防災」から)”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed


コメントは停止中です。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。