小高でいつものようにお手伝い ビニールハウス解体二件(援人 0328便)

Posted on 2014年4月4日. Filed under: 未分類 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0328便(活動日:2014年3月29日土曜日)のお手伝いの記録。

朝、小高ボラセン(南相馬市ボランティア活動センター)に着くと駆け寄ってきたミツオ。もちろんぼくでなくドッグフード目当てだ(…が、この日は持参してなかった)。最近また血色がいい。

南相馬・小高でボランティア(援人 2014年 0328便)

朝礼での松本センター長の話。
ここ小高は自然にも恵まれ、原発事故さえなければいいところだ、しかしときにはこれから咲こうとする梅や桜の木を伐採しなければならないこともある…という話の途中で絶句してしまうところがあった。先週まさにその梅の伐採を経験したばかりだったので、そのときの痛みがよみがえる。

この日のお手伝い先は2軒。いずれもビニールハウスの解体だった。

お手伝い先に向かう途中、小高川沿いの桜並木が見えた。開花はまだ先のようだ。

小高川沿い、桜は全然まだまだですね。

午前はセンターから山側、南西に3kmほど入ったところ。現場に着くと、周りの田畑や家屋で大規模な除染が行われているところだった。

南相馬・小高でボランティア(援人 2014年 0328便)

簡易な構造のビニールハウスだったので、地面の埋め戻しなどを含めても作業は1時間くらいで終わった。

いったんセンターに戻って昼食。食後のデザートなどは、この時間にやってくる移動コンビニ「ファミマ号」にお世話になる。

小高のファミマ号でガリガリ君ナポリタン味というプチ試練。

午後のお手伝い先も同じく山側、午前の家から少し北上したところへ向かう。
解体するのは、雪の重みでつぶれたという大きなビニールハウスだった。

南相馬・小高でボランティア(援人 2014年 0328便)

大きなスクリュー状の杭や頑丈な金具など、なかなかしっかり組み立てられていたし、ひしゃげたアーチにも苦戦したが、チームプレーで効率を上げ、15時までには解体終了。
ただ、午後は日射しが強くなり、初夏並みの暑さになってきたためややバテた。

お手伝い後、はらまちユッサで入浴し、夕食は二本松の杉乃家さんといういつものコース。

南相馬帰りの夕食、いつもの至福の。(^-^) 来週ハーフマラソンを走る身としては少し体重を落としたく、ミニカツ丼は付けずに浪江焼そばご飯セットに。

ぼくが頼んだメニューはなみえ焼そばのご飯セット。今週もおいしかった。

ついでに。
この日道の駅南相馬で買って帰った「大和田恭子」さんが作った春キャベツ、小ぶりだけど3つで180円。甘くてとてもおいしい。

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。