ゆるい東北旅行 2013年4月版(花見山公園、南三陸、気仙沼バル、三春滝桜、いわき)

Posted on 2013年4月22日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

2013年4月19日(金)から21日(日)にかけて、久々にボランティアなしの東北行き。深夜の東北道を眺めながら気負うこともなく、観光客として東北を楽しんできた。以下、写真多めのダラダラ報告です。

金曜夜に東京を出て、翌早朝、まずは福島市に到着。目当ては花見山公園。ソメイヨシノはやや盛りを過ぎていたけど、こじんまりとした里山は、さまざまな花が咲き競い合っていた。

花見山公園 福島市(東北トリップ)

山頂近くからは、遠景に雪をかぶった山々がきれいに見えた。

花見山公園 福島市(東北トリップ)

続いて宮城県、南三陸町へ。まずは志津川の防災対策庁舎を訪れた。

南三陸町志津川 防災対策庁舎(東北トリップ)

「南三陸さんさん商店街」で買い物をし、のち昼ご飯。キラキラ丼の春バージョン(?)「春つげ丼」というフェアの最中で、それぞれの店がオリジナルの海鮮丼を出していた。おいしくないはずがない。

南三陸さんさん商店街(東北トリップ)

歌津の「伊里前福幸商店街」にもちょっと寄って、お土産購入や散策など。

伊里前福幸商店街(東北トリップ)

次に、気仙沼へ。
まず、仮設商店街「東新城かもめ通り」の酒屋「味屋商店」さんで「気仙沼 希望」というお酒を買う(そしたら、おつまみ昆布もいただいた)。

東北トリップ

鹿折地区に行けばいやでも目に入る第十八共徳丸。船の所有会社は解体を希望しているが気仙沼市が震災遺構として残したいと主張している船だ。

東北の沿岸被災地で、事実上の震災遺構となってしまっている場所はいくつかあるが、南三陸の防災対策庁舎や石巻の大川小学校などと比べると、ここには“正面”といえる場所がなく献花台も目立たないため、ただ写真を撮って帰っていく人も多い。これは地域の人の神経を逆なでするだろうな…と改めて感じた。

第18共徳丸 気仙沼(東北トリップ)

仮設商店街「復幸マルシェ」に到着。今回の目的のひとつは、この気仙沼マルシェを含む3つの仮設商店街が合同で行う「気仙沼バル」という飲み歩きイベントへの参加だ。

マルシェで買い物をし、コーヒーを飲んでいると気仙沼のご当地キャラ「ホヤぼーや」が登場。

ホヤぼーや(東北トリップ)

「おのでら茶園」さんでおいしいお茶をいただきながら、90歳を超えるという元気な女性の楽しい話に時間を忘れる。

おのでら茶園(東北トリップ)

その後、マルトヨ食品の清水さんに社屋に案内していただき、家や建物の土台だけとなった光景を眺めながら気仙沼の今についてお話を伺った。

この更地が少しずつ建物で埋まっていき、やがて復興へ──という道筋をつい想像してしまうが、実際は土地のかさ上げのため、今ある建物は全て取り壊されるという。災害ボランティアとして初めて気仙沼を訪れたぼくは、この鹿折地区についても震災後の姿が記憶に焼きついている。これからも定期的に来なければ、まったく馴染みのない街になってしまうのだろう、と思った。

気仙沼鹿折(東北トリップ)

復幸マルシェでチケットを買い、「気仙沼バル」のお店めぐりがスタート。まずはマルシェの「塩田」さんへ(マグロのハーモニカがうまかった)。南町紫市場はどこの店も満席で入れず、久々の気仙沼横丁ではまず久々にラーメン屋「あたみ屋」さんへ。あたたかいお店の雰囲気は変わらず。

あたみ屋 気仙沼横丁(東北トリップ)

「はまらん屋」さんでは名物まらん焼を食べ、最後にもう一軒「デジコンジュ豚姫」さんで気仙沼ホルモンを焼き、この夜は大満足して終了。

翌朝、早朝の雨はなんと雪になった。この日は気仙沼大島マラソンの日で、出場するボランティア仲間たちは大丈夫かな…と話をしながら再び福島へ向かう。

菅生PA(東北トリップ)

三春に降りる道、まるで雪国に。車はたまたまスタッドレスタイヤを履いていたが、途中の道ではトラックが後部をスリップさせながらよろよろ進む…という危ない場面も目撃。

東北トリップ

三春町。雪のためかあまり車の停まっていない広大な駐車場に車を停め、自動販売機でチケットを購入、ゲートをくぐって日本三大巨桜のひとつともいわれる「三春の滝桜」へ。

三春滝桜(東北トリップ)

満開のベニシダレザクラの巨樹を白い雪が覆う…というとてもレアな美しさに、しばらく寒さも忘れて見入ってしまう。

三春滝桜(東北トリップ)

大きい。この樹は縦にも横にも大きい。ゴツゴツした瘤だらけの幹の荒々しさと、斜面を撫でるように垂れる何十本もの枝先の優雅さ。見飽きることがない。

三春滝桜(東北トリップ)

寒さのせいもあったが、参道(?)のお店のあま酒が美味しかった。いろんな麹を取り寄せ吟味して出した味だそうだ。お勧め。

あま酒 三春滝桜(東北トリップ)

銀座の復興支援酒場でも飲んで好きになった「三春駒」の直売所があったので、買い物応援! と思ってやっぱり一本購入。

三春滝桜(東北トリップ)

最後の目的地は、小雨の降るいわき。まずは「小名浜美食ホテル」(ホテルという名前だがショッピングモールだ)。今回の旅の発案者О君は、震災後この施設の泥出しなどをしたらしく、きれいになって営業再開している館内を感慨深げに歩いていた。

小名浜美食ホテル(東北トリップ)

ここで強烈なBGMと共にプッシュされている“Sea級グルメ”「カジキメンチ」を食べたりした後、昼食はもうひとつのモール「いわき・ら・ら・ミュウ」で回転寿司を食べた。

いわき・ら・ら・ミュウ(東北トリップ)

ら・ら・ミュウの二階では「3.11いわきの東日本大震災展」をやっていた。無料だがとてもいい展示の数々だった。

震災後にお手伝いに行き、気持ちが近づいた東北。これからどんどん様子が変わっていくだろう。自分がよそ者だと感じることがないよう、今回のように足を運んでその変化を見ていこうと思う。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。