ツールとツール屋の話(「草の根活動家のためのツール会議」に参加して)

Posted on 2012年12月3日. Filed under: Activism, patagonia | タグ: , |

2008年に松原広美さんのブログ記事(残念ながらGreenzさんはサイトリニューアルの際にこの記事を削除しちゃったようなので、Wayback Machineでどうぞ→ Tools for Grassroots Activist By Patagonia )で見て強烈な印象を受け、それ以来(たぶん)何度もTumblrでquoteしたり頭の中で反芻などをしてきて、もうぼくの一部になっているような言葉だけど、やっぱり冒頭で引用しておこう。

「公正な社会では最良の情報を得るものが勝つ。しかし、私たちは公正な社会を相手にしているわけではない。私たちは、敵が戦いに使うツールと同じツールを使って戦う必要がある。そしてもっと賢く、もっと巧妙にやらなければならない。成功した革命はすべて、上からではなく、下から始まったという事実を忘れてはいけない」
イヴォン・シュイナード(パタゴニア創業者)

2012年11月30日から12月2日までの3日間、山梨県の清里高原「清泉寮」で行われたパタゴニアの「ツール会議(草の根活動家のためのツール会議 TOOLs for Grassroots Activists Conference in Japan)」に参加してきた。光栄なことに講師の一人として。

パタゴニア:環境保護への行動:草の根活動家のための「ツール会議」
http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=16778

TOOLs for Grassroots Activists Conference in Japan

ツール会議は、環境問題へのさまざまなラディカルな取り組みで知られるパタゴニアの施策の中でも、創業者イヴォンが特に気に入っているものだという。そして3日間ご一緒したパタゴニアの社員の人たちからも「一番好き」「とても気に入っている」という声をいくつも聞いた。

振り返ってみると、かなり特別な3日間だった。なので、いつもなら“いいことはシェアしてナンボ”主義のぼくだけど、どんなことがあって何を感じたかをあまり詳しく書く気がしないぐらいに。

というわけで、いくつか点描を。

まず、基調講演のつる詳子さん(ブログ:荒瀬ダムと川辺川ダムの現場から)にいきなりショックを受けた。

つるさんは、粘り強い運動の結実で日本初の「ダム撤去」という異例のケースとなった荒瀬ダム反対運動の中心にいる人だ(…という紹介でいいのかな)。荒瀬ダムの取り壊しは今年から始まった。見た目は小柄で丸くて温和そうなおばちゃんなのだけど、お話を聴いてみるとこんなアクティビストは日本に他にはいない! と思えるほどすごい人だった。

有力者を動かすため、電話やFaxでの新聞の切り抜き送付を大量にやる。これを淡々と続ける根気。
調査のやり方さえ知らない状態からはじまり、人に教わりながらデータを多面的に記録し積み上げていく、データ・ジャーナリズムならぬデータ・アクティビズム。その確信犯的な愚直さ。そしてデータを紡ぎだす過程で、自然愛好家、市民、漁協など多様なステークホルダーを巻き込んでいき、ひとつのビジョンの下に結集させていく巧みさ。
優れた社会運動というのは往々にしてカテドラル型でなくバザール型なんだろうけど、実に鮮やかな模範例だと思う。

TOOLs for Grassroots Activists Conference in Japan

(さらにいえば、会議後にFacebookで友達になっていただいたが、彼女は恐らく会議参加者の誰よりも早く、多くの量の写真レポートを読ませる文章付きでアップしている。この速さ、マメさ、手間をかける配慮が、彼女のベースなのだと思う。)

ぼくが担当したのはまず2日め、「ウェブの活用 支持者の獲得・運動の活性化をめざして」というセッション。事前に参加団体のウェブサイトを全部見たけど活用状況はかなりまちまちで、講演内容を考えるのは結構難しかった。
が、それだけに皆さんが真剣に聴いてくれるのはうれしく、終わったときの達成感もかなりのものだった。

最終日はコンサルティング・アワーという形式。各講師1時間×2の枠があり、相談したい参加者があらかじめ8人を上限にサインアップしておき、相談に乗るというもの。割と初歩的なサイト改善の話から、運用をめぐる団体内体制の話、そして結構高度なコンテンツ開発の話まで、なかなか濃い時間になったと思う。
相談者にいろいろな切り口で答えていきながら、まるでぼく自身が「そもそもウェブにはどんな価値があるのか?」と深く問いかけられ、験されているような感じだった。

TOOLs for Grassroots Activists Conference in Japan

(こんな素晴らしい景色を眺められるホールで、ワークショップや講義は行われた。晴れたり、曇ったり、雪が突然降ったり。よく変わる山の姿もよかった。)

ぼくは「ツール」屋としてもっと自分を磨きたいなぁ。
そして、誰にでもノウハウを伝授する武器商人のような存在ではなく、ベクトルを同じくする人にこそ役立ててもらえるような旗幟鮮明なツール屋でありたい、と改めて思う。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。