援人隊、はじめての福島へ (南相馬市鹿島区でのお手伝い)

Posted on 2012年2月23日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

2012年2月17日(金)から19日(日)まで、援人隊はマイクロバス(マイクロ援人号)に乗って0泊3日の旅程で南相馬市でお手伝いをしてきた。援人として初めての福島での活動だ。

ぼくは昨年12月と今年1月、個人で南相馬にお手伝いに行った。福島は原発災害による放射線の問題があり、ボランティアは少ない。ぼくは元々仲間を募って南相馬へ行くつもりはなかったが、体験をシェアしたところ複数のメンバーから「ぜひ行きたい」という声が挙がり、何度か迷った末にマイクロで行くことにした。

この週末、寒さは厳しかったけど陽射しにも助けられ、寒い東北での防寒対策に慣れたメンバーはきびきびと働いていた。昼食は道の駅南相馬で。作業終了後は、南相馬市役所前の「ゆめはっと」で行われていた「南相馬ダイアログフェスティバル」を少しだけ覗くことができた。

南相馬市原町区、仲町児童館に拠点を置く仲町ボランティア活動センター
この日はぼくら援人隊を含めて30人ほどが活動予定。複数人のチーム、関西から単独で来て泊まり込んでいる人、今回の南相馬がボランティア初体験という若者たちまで、さまざまな人たち(ブログでのこまめな活動報告の効果もあってか、2012年に入って活動者は少し増えてきているという)。

仲町ボランティア活動センター, 南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

この日のお手伝い先は鹿島区烏崎(からすざき)。東北電力の原町火力発電所に隣接する地域だ。原町火力はは震災で高さ18mの津波が到来し、現在は操業停止中。

国道6号線から海側に向かって下るマイクロバスからは、津波後に均された広大な荒地、その先に途中で切れた堤防、水平線を見渡すことができた。Googleマップで確認すると海沿いには多数の建物があったはずだが、高台に数軒の住宅が残っているだけだ。

鹿島区烏崎, 南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

ニーズ票で場所を確認し、黙祷をした後で、散乱した瓦礫を早速拾っていく。
…が、朝は地面はかなり凍結していて、顔を出しているさまざまなものもなかなか取り出せない。この時間帯はスコップやレーキはほとんど役立たずで、逆に持ってきた本数が少ないバールが活躍した。

南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

木材、瓦、茶碗、保存容器、洋服などに混じって、トロフィー、カード、住所や名前がはっきりわかる年賀状ホルダーなども出てきた。これらは持ち主に返せるだろう。ちょっと役立った気分を味わう。

南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

昼食は道の駅南相馬へ。

ここの名物は「みそタンメン」と「地元名物 今野畜産 メンチカツ」だとメンバーに教えていたけど、この日はメンチカツの方は販売休止。なのでぼくを含め多くの人がみそタンメンを注文。みそラーメンとは違ってやさしい味で、おいしい。

道の駅 南相馬, 南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

この烏崎では、援人隊の他に側溝掃除のチーム、草刈り機で雑草を刈るチームが動いていた。

午後、ぼくらは水田に移動し、田んぼ内に埋もれた瓦礫を拾う作業にかかる。不安定な足場に苦労しながら泥濘化した田んぼを掘り起こすと、瓦や木材、生活用品などが多数出てきた。

南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

15時15分、お手伝いを終えて用水路の水で道具を簡単に洗い、記念撮影。
気温は低かったが、すっと陽が射してくれたのは幸いだった。

南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

バス内で、@uqaが道の駅で買ってきた原町いちご(の高級バージョン)を皆に配る。年末に来たときもおすそ分けをもらい、甘くて驚いたけど、これはさらにびっくりするほど甘くておいしかった。

道の駅 南相馬, 南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

原町区のセンターに戻って道具の洗浄や報告を終え、お風呂に向かう途中にゆめはっとで行われていた「南相馬ダイアログフェスティバル」に少しだけ立ち寄ってみた。(元々この日の援人号が満車になれば、ぼくはチームを離れてこの2日間のイベントに参加しようと考えていた。)

会場内に入る時間はなかったのでロビーの展示物やグッズ販売コーナーを眺めた程度だが、地元の人たち、特に若い世代を中心とする団体などが連携して町の再興をめざしている様子がわかった。

南相馬ダイアログフェスティバル, 南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

原ノ町駅近くの中華屋さんでの夕食とビールで皆満足し、マイクロバスに乗り込み帰路に就く。
家族旅行プラスアルファぐらいのサイズが心地いい。

南相馬市で瓦礫片付けボランティア Volunteer at Minamisoma city, Damaged by the Tsunami of Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear plant accident

すでに報道もされているが、南相馬市は4月以降、現在は20km圏内のため立ち入ることができない小高区の警戒区域としての線引きが見直される可能性がある。そうなると、再び小高区での生活を始めたい人たちから、震災後ずっと放置されていた家屋の泥出しや瓦礫片付けなどの依頼が多数出てくることが予測されているという。

岩手・宮城でも瓦礫片付けが終わっていない地域は局所的にあるが、福島は原発災害の影響で「初期に対応すべきニーズすらまだ手付かず」という屈折した状況がある。

3.11震災からそろそろ1年。多くの報道は「瓦礫は終わり、心のケアが重要」と力点を移すが、そんな単純な話ではない。「住民自らやるべき」という人もいるが、そんな力があれば生活再建の方に使ってほしい。ニーズがある限り、手を挙げる仲間がいる限り一緒に行こうと思う。

コメント / トラックバック5件 to “援人隊、はじめての福島へ (南相馬市鹿島区でのお手伝い)”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed

ナ力ノさん今晚は,又御苦勞樣でした,被害地の方方もきっとボランテイアの皆樣に心から感謝して在ると思います,いつか奇麗に片付けた土地に歸へって來るでせう,私もここでナ力ノさんのブ口クでくわしく分り,ありがとうございます..

いつもありがとうございます。
福島の復興はとてもとても長い道のりだと思ってます。
どこまで心が折れずに福島で暮らしていけるか、正直わかりません。
こうやって紹介していただくことで、少しでも情報を共有拡散して
頂けるととてもありがたいです。

akitsaiさん、ありがとうございます。
ぼくらの手だけで綺麗にするのは難しいですが、それでもお手伝いを続けたいですね。(^ ^)

marysha_Fさん、福島に住み続ける人、出て行く人、皆さんいろんな選択をしてますね。ぼくは少なくとも、足を運び続けること、行ったことを周りに知らせることを通じて微力ですが関わり続けますよ。(^ ^)

こんにちはナ力ノさん,お疲れ樣でした,良くこんなに長い事頑張って來ましたね,感心してます,お友達にもナ力ノさんの事を話しました,プ口グを讀む樣に, 猫ちゃん達お元氣ですかもうすぐ春です,ナ力ノさんも猫ちゃんもお大事に–––


コメントは受け付けていません。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。