4か月ぶりの南三陸町でお手伝いし、気仙沼の復興屋台村で特別なホルモンとビールを味わった話

Posted on 2011年11月18日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

2011年11月11日(金)出発、週末0泊3日のボランティアバス「レーベン号」、25回めのお手伝いの記録。

ぼくが行ったのは4か月ぶりの南三陸町。「ある程度片付いている」と説明されて入った波伝谷(はでんや)の海沿いの建物跡地は、掘れば掘るほど瓦礫が出てきた。お手伝い後、気仙沼に向けて45号線を北上するバスから、歌津を経て本吉町、大谷海岸など、気仙沼市南部の津波被害を初めて見る。改めて3.11震災のすごさを感じた。気仙沼では、港沿いにプレオープンした仮設飲食店街「気仙沼横丁」で“格別な”ホルモンとビールを堪能した。

小雨が降ったりやんだりを繰り返す、23時前の日比谷公園前。今夜は1号車が久々の目的地である宮城県本吉郡南三陸町へ、新2号車はいつもの岩手県陸前高田市に行く。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

今夜も2台のバスは満席だ。
ぼくにとってはバスに乗るのが“日常”となり、つまり渦中にいるから客観視は難しいが、震災から8ヵ月という時期に、1週間前から参加者募集をはじめてバス2台が3日で埋まること今でも「東北被災地は初めて」という参加者が2~4割はいること。また、バス半分をヘヴィーなリピーターが占めるときもあること。これらを考えると、レーベン号はもう復旧・復興運動の立派な一部だといっていいと思う。

さらに、この夜は1号・新2号の他にバスコップ号(旧レーベン2号で、山元町のスコップ団を手伝いに行くツアー)も日比谷に来ていた。1号38人、新2号38人、そして旧2号40人、合計116人が東北へお手伝いに行くために結集したのだ。この時期、バカみたいな規模だ(褒め言葉です)。

仮設のファミリーマート、志津川廻館店

ぼくが乗る1号車は、朝7時半ごろに南三陸町の中心部にほど近い仮設のファミリーマート(志津川廻館店)に立ち寄った。営業している店が限られているからか、店の駐車場には車が頻繁に出たり入ったりしている。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

この店は8月5日にオープンしたらしい。

「ファミリーマート志津川廻館店」を、8月5日(金)朝7時に開店|FamilyMart
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110802_2.html

仮設店舗の横には、土台だけになった店舗跡があった( Googleストリートビュー には、津波で破壊される前の姿が残っている。)。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

周りの荒れ地を眺めながら店の周りを散歩していると、白黒猫(オス)が日向ぼっこしていた。肉付きがいい。お店の人によくしてもらっているんだろう。

ファミリーマートの猫, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

今日のお手伝い先は、南部の戸倉地区

ベイサイドアリーナ(南三陸町総合体育館)に併設されたボランティアセンターに到着。広い駐車場にはバスが数台停まっている。

早速受付へ。今日のお手伝い先は、中心部の南にあたる戸倉という地区で、他のグループなどと一緒に瓦礫の片付けだという。VCの公式サイトを見ると他のボラセンより厳格そうな印象があるけど、受付はとてもスムーズだった。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

広場でオリエンを受け、出発。
市街地は7月よりはだいぶ片付いた印象。だが他の地域と同じく復興計画の策定待ちのためか、大がかりな工事などは見られない。赤黒い骨組みだけの防災対策庁舎も、まだ残っていた。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

レーベン号は、マイクロバス二台を追いながら志津川湾沿いを行く。東浜街道と絡むように伸びる気仙沼線の線路土手は時々切れている。道路端には建物の土台だけが残っている場所が点々と現われた。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

(作業中は撮影禁止のため、写真はありません。)

現場に着くと、ボラセンから派遣されたリーダーは、レーベン隊と小グループ・個人の混成チームの前でこんな説明をした。

ここは瓦礫はほとんど片付いていますが、現在は高台の仮設住宅に住んでいる方々がここを通るとき、少しでも瓦礫が残っていると被災前を思い出して辛いと仰っています。ですから、小さい瓦礫ばかり、軽作業で申し訳ないですがここをきれいにしてください

あぁ、「人が人のためにしてあげられること」だな、と思った。

が、作業は軽くはなかった。津波被災後、粗く均された土地によくあることだが、地面に顔を出している瓦礫ひとつを掘り起こすと、次から次へと出てくるという具合に、瓦礫は沢山埋まっていた。

作業開始直後、ぼくは斜面から顔を出している電柱の支線ワイヤーが目に付いてしまった。まず黄色いカバー(支線カバーというらしい)を相当苦労して引き剥がす。次にワイヤーの掘り起こしにかかり、汗をかきかきバチツルを40分ぐらい振るった結果、アンカーがコンクリートの地面に深く打ち込まれており、人力では無理だと断念。一方、その近くで@uqaは斜面にめり込んでいるオフィス用イスの掘り起こしに挑戦していた。途中から加勢したが、これも結局大きな石たちに阻まれて取り出せず。

その後ぼくは場所を変え、割れたコンクリートや石など、いずれも大の男が抱えてフラつくサイズのものを中心にネコ車に積み集積場所に運ぶ、を繰り返した。重労働だった。

昼食は、堤防の上で食べる。天気はよく、志津川湾や島々も本当に美しく、素晴らしいシチュエーション。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

13時、作業再開。
快晴の下で重い瓦礫ばかり運ぶ労働は暑く、上半身は半袖シャツとビブスだけだが汗が流れた。まだまだぁ!と思っていたところ、14時でいきなり作業終了。南三陸は15時30分までと覚えていたけど、その時間までにボラセンに戻って報告する必要があるらしい。

やや不完全燃焼だが、ボラセンに戻って報告を終える。

災害ボランティアセンター, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

駐車場で、記念撮影(大きいサイズは こちら )。ドライバーの大塚さんも影法師で参加してます(笑)。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

波伝谷(はでんや)という場所

お手伝い先は「戸倉」と聞いていたが、作業場所そばのバス停には「波伝谷下」、瓦礫の中に倒れていた電柱にも「波伝谷」とあった。
作業前、メンバーと「なんて読むんだろうね」「もしかして前にも津波が来たのが地名の由来?」など話したのが気になり、後で調べてみたら「はでんや」と読むことがわかった。
由来について、こんな説があった(一方、東北歴史博物館の資料には「戸倉神社縁起」からとして別の由来も)。

波伝谷 はでんや 地名あちこち/ウェブリブログ
http://dayuki.at.webry.info/200711/article_1.html

伝説では、現地は一夜にして、土地が隆起して陸地となり、隆起の際の波浪で船が転覆した場所という。
八幡神社が鎮座しているが、地元では、「はてみや」と呼ばれ、戸倉字門内の慈眼寺の過去帳には、「はで宮」と表記されているのが見られるという。
ハデとは、白鳥などの鳥を弓や鉄砲で射た際、しっかりと射止めることができず、息絶え絶えのなった状態を方言で、「ハデにする」ということからの地名であろう。
「はてみや」は、そうした鳥を祭ったり、葬ったりしたお宮であったろう。

また、ここ南三陸町戸倉波伝谷は震災直後から12日間孤立し、その間「住民同士の緊密なつながりと、やるべきことを黙々とこなしていく」ことで生き抜いた、とNewyork Timesに報道された地域だとわかった。

孤立集落の団結:大震災海外報道: 映画でひとこと英会話
http://movieigo.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-84e4.html

他にも、波伝谷の風物や民俗学的資料(東北歴史博物館によるもの)も見つかった。

波伝谷の四季折々
http://homepage3.nifty.com/kakurezato/CCP.html

波伝谷の民俗 宮城県南三陸沿岸の村落における暮らしの諸相 (PDF)
http://www.thm.pref.miyagi.jp/archives/book_pdf/minzoku/hadennya_minzoku.pdf

現在、特に平地部分は津波の被害で風景が一変しているはずだ。見た目は特に印象には残らなかったが、調べることで忘れられない場所となった。改めて、お手伝い先を単なる「被災地」と見なすのでなく、理解しようと努めることの大切さを感じた。

気仙沼市南部の被災を初めて目にする

ベイサイドアリーナを出たバスは、陸前高田から下ってくる新2号車と合流するため気仙沼へ向かう。
本来、作業後にバスに揺られるこの時間は絶好の居眠りタイムなのだが、歌津を経て45号線を北上するバスから見える本吉町や大谷海岸など、気仙沼市南部の津波被害の様子に目を見張った。

バスは伊里前のCさん宅を過ぎる(参考:レーベン隊リーダー伊東さんの記録「Daily, 10/28-29 南三陸町歌津伊里前」)。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

気仙沼の本吉に入ると、断続的にこういう景色が現われた。海岸沿いには破壊された建物や土台、地盤沈下のせいで深く海水に浸食された土地。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

大谷海岸には“防壁”が築かれていた。これでは海水浴どころではない。「道の駅 大谷海岸」という標識はあるけど付近は荒れ地のみ。津波で倒壊したのだろうか。道路に信号はあっても点いていない。電信柱はようやく立ったばかりで、電線はまだ通っていない。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

入り組んだリアス式海岸が特徴的な唐桑半島とは違い、なだらかな地形とゆるい円弧を描く海岸線。それだけに津波が侵した範囲は広く、奥深いのだと思った。

気仙沼で、“希望の灯”復興屋台村のオープンに立ち会う

2011年11月12日(土)は、ちょうど気仙沼の「復興屋台村 気仙沼横丁」のプレオープン日だった。この屋台村がある南町4丁目は、レーベン隊がお風呂に入る気仙沼プラザホテルから徒歩で1~2分の距離。

気仙沼にはきっととても重い意味がある日で、初期に気仙沼でお手伝いをしたレーベン隊も思いは同じだ。また行って楽しみ、宣伝すればお役に立つことができる。というわけでレーベン号はこの日、入浴・食事休憩をいつもより1時間延ばし、この特別な日を楽しむことにした。

そしてぼくは、風呂を“超”カラスの行水で切り上げ、同じく早かったSさんと共に屋台村に一番乗りで駆けつけた。

気仙沼横丁, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

魚料理の店、ラーメン店、ショットバー、寿司屋、韓国料理屋。メディアの取材陣や、支援団体のユニフォームなども見え、狭い“通り”は賑わっていた。魚屋、八百屋、加工物のお店なども開いており、少し買い物や立ち話をした後、ぼくは「気仙沼ホルモン」というメニューに惹かれて「狼煙(のろし)」という店に入った(この後ここには、レーベン隊が入れ替わり立ち替わり10人以上来ることになる)。

気仙沼横丁「狼煙」, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

狭くて殺風景だが真新しいプレハブの店内で、店長さんと話し、レーベン隊の仲間とビールとホルモンを楽しむ。煙臭い店を見渡し、これは奇跡みたいな時間だよなぁ、と何度も思った。味も格別だ。食べ物をおいしくする特別なソースには、たとえば「空腹」や「愛情」などがあるが、「復興」味は本当にレアなソースだ。この日の夜、気仙沼にいられて本当によかった。

ぼくはレーベン号の日には、あんまり酒を飲まないようにしている。が、この日は生ビール3杯、レモンハイ1杯、グラスワインを1杯。帰路、バス内の感想タイムではろれつが怪しくなっていた。

感想タイムでは、こんな感想が印象に残った。

「毎回少し何かを自分に課している。今回は、少しでも地元の人と仲良くなろうと、作業中に通りかかる地元の子どもたちに手を振ることを決めた。やってみたら、はにかみながら手を振り返してくれた」

深夜、真っ暗なバスの中で、iPodから”After The Flood”(Lone Justice ft. Maria Mckee)が流れてきた。
もう25年前の曲だが、今この状況に意味を持ったことに驚きながら、口ずさみ、気仙沼の人たちの笑顔を思い浮かべる。

…A place to call your very own
Means so much
Though it’s a little soggy
After all the water’s gone
I’ll scrub it clean
And make it home again

A natural disaster can’t hold nothin’ on me
Their quakin’ out west and freezin’ back east
So I think I’ll stick around
And show a little faith in a weary town

After the flood
After the flood
The land it washed away
Felt like my flesh and blood
I’d rather be shovelin’
Through the slush and mud
Than to leave my home
Where I grew up
Life goes on
After the flood…

早朝4時30分ごろ、レーベン号は東京駅前に到着。東京組は、楽しい余韻を抱えてバスを後にした。

東京駅前, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

まだまだ行きます!次回、ぼくは陸前高田へ。

コメント / トラックバック2件 to “4か月ぶりの南三陸町でお手伝いし、気仙沼の復興屋台村で特別なホルモンとビールを味わった話”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed

こんにちは.每週同じ所じやないから復與はまだまだ先に見えます.寫真で一年しても元にはならないでせうね.ナ力ノさんいい物多山食べ復與の為に体力を付けて下さい.猫ちゃん可愛いいです.

いつもコメントありがとうございます。
最近はお手伝いの後岩手や宮城でおいしいものを食べられる機会も増えてきて、気をつけないと逆に太ってしまいそうです(笑)。


コメントは受け付けていません。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。