中東:重大・緊急な情報提供で日本のメディアがやっていないこと(と、ボトムアップでできそうなこと)

Posted on 2011年2月18日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

(時間があまりなく、30分で書く。乱文失礼)

エジプト革命が一段落し、#egyjpで得た体験、うまくいったことや改善すべきことを踏まえて「重要な情報を、緊急に、沢山の人とシェアするときにあるべきキュレーションのやり方とは」について考えたいと思っていた矢先、バーレーン(#bahrain #bahjp)とリビア(#libya #libjp)が始まってしまった。

悠長なことはやっていられないので、今気づいたことをシェアしておく。

エジプト、バーレーンなどで、(たとえば)英語圏のメディアは「刻々と変わる情勢を」「TwitterやYouTubeなどさまざまな情報源を適宜取りこみながら」どう報道しているか、を例示する。この「ライブブログ(Live Blog)」というスタイルだ。

Bahrain protests: live – Telegraph

Bahrain protests: live - Telegraph

  • 時系列で、タイムスタンプ付きで事件をどんどんポストしている(Telegraphでは自動更新機能もある)
  • 取りこんでいる情報は(各社ポリシーによって違うが)自社だけでなくTwitterやYouTubeなどテキスト、写真、映像など多彩な外部ソースを引用
  • 簡便だが、接触頻度がまちまちな人にとっても役立つ優れたまとめになっている

Al Jazeeraなどでもこのスタイルの更新をやっている(他にもあったけどすぐ出てこない)。

Live Blog – Bahrain | Al Jazeera Blogs

Newyork Timesなどは、昨日からバーレーン関連で上がってくるニュースを見ていると、編集担当のアカウントがTwitterなどをウォッチし、適宜RTなどで広め、現地発情報の確からしさの担保にどんどん使っているように見える。

今言いたいのはこれだけ。
英米は「重要な情報を、緊急に、沢山の人に伝える」ためにこのスタイルをとっているメディアがあるが、日本には(ぼくが知る限り)ないということ。別にここでステレオタイプなマスコミ批判をしたいわけじゃない。

最後に、もう一つ例を示す。

Global Voices ・ Bahrain Protests 2011

Global Voices

この”Global Voices”でも、恐るべき速さで情報がキュレートされている。ボトムアップで草の根の力によって

なお、このテーマについてのぼくの断片的なTweetは以下の通り。

この続きを考えるかもしれず、考えないかもしれない。尻切れだがタイムアップにつき、ここまでで吐き出す。

メモ:
今日、こんなサイトを立ち上げた人がいる。リスペクト!

INSIGHT 300 x 250 (中東情勢に関するツイートを拾って俯瞰するサイト)

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。