無印良品さんイスラエル出店やめてくださいの件と、Twitterの「軟式アカウント」なるものの真価について

Posted on 2010年11月17日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

今日、こんなアクションがはじまっているのをTwitterで見つけた(13日ぐらいからスタートしていたらしい)。

無印良品さん、イスラエル出店はやめましょう! ::PARC

とてもいいと思ったので、早速つぶやいてみた。

さらに夕方ぐらいに、リアル友人からもらったアドバイスに「なるほど」と思い、こんなTweetをしてみた。
ぼくは@STOPMUJIの中の人とは面識がないし、原研哉さんはウェブとは隣接しているけど別の世界の著名人、という印象でもちろん会ったことはない。ドキドキした。

@STOPMUJIさんからはこんなリプライをもらった。

Twitterがブレイクしてから企業のTwitterの成功ケース、いわゆる“軟式アカウント”がもてはやされているけど、数か月にわたって@STOPMUJIさんの問いかけをガン無視している@muji_netさんの対応を見るに、これは“軟式アカウント”の対話的・融和的姿勢が本物かインチキかの見極めどころだよな、と思う。

だってさ、無印ユーザーのうち何割かの「政治や社会問題に関心がある人」っていうのは、いみじくも無印良品というブランド自体が「モノを買ったり使ったりすることは世界や環境にもつながっているんだよ」というメッセージを発信することで周りに集まってきたファンじゃないですか。

そして無印良品は、ウェブではこんなことも言っているんだよ。

良品計画|今、なぜ「地球と生きる5原則」なのか
http://ryohin-keikaku.jp/csr/050315.html

私たちは「環境」や「社会」に対する問題は誰も本当のことを知らないのではないかとも考えています。5原則を定めたとしても、失敗してしまうこともあるし、送り出す側と受け取る側の考え方が違っていたりすることもあると思います。無印良品ではこれまでも失敗したら、それを認めて、直すことを心がけてきました。これからもそれは変わりません。ただ、今より更に心がけなくてはならないのが双方向のコミュニケーションを一層大切にするということです。皆様からのご意見が無印良品の方向を決めていく大切な要素となります。ぜひ、ご意見をお聞かせください。

こういう誠実さはすばらしいと思う。そしてこういうことを言う会社は、大きな範囲でシリアスな顧客を掴むのだという覚悟をしてほしい。なのにこういう会社が、なんで人権や命に関わる問題を提起している人たちの問いかけをさらっと無視してパクッ、と。「ひとくち豆大福」」なんてTweetをしてるんですか。

そういうインチキやっている企業はやがて滅びるぞ! と、1999年にすでに「クルートレイン・マニフェスト(cluetrain manifesto)」が言ってます。無印の中の人は、ぜひ10回ぐらい読んでください。

cluetrain manifesto
http://www2.gol.com/users/jheine/cluetrainj.html

最後に、これを読んでいる、この問題をなんとかしたいなー、沢山の人に広めたいなー、と思う人たちへ。

この問題ひとつにしても「絶対になんとかしたい」から「まったく興味がない」「むしろそんなことやるな」まで、実に多様なレイヤーの人がいる。だから、自分の周りの人たちを一人でも多く巻き込むために自分自身の言葉で話そう。自分のリアル友だち+αに語るぐらいの気持ちでさ。「イスラエル出店を計画する無印良品にメッセージを送ろう!」のまんまコピペじゃなく、自分が何をどうイヤだと思っているのか、自分の表現で、易しい言葉で言ったり書いたりすることが重要だと思うよ。
バリアを除け、と言っている人たちが難しい言葉でバリアを築いちゃダメだよ!

コメント / トラックバック5件 to “無印良品さんイスラエル出店やめてくださいの件と、Twitterの「軟式アカウント」なるものの真価について”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed

http://togetter.com/li/55872
パレスチナ問題に詳しい常岡さんの、この問題に関する解説が上記にあります。

もう断念した、なんて情報もありますねぇ。

>yasuyuki.maさん

おぉ、確定情報を待ちたいと思います。

>ゆきちさん

情報ありがとうございます。ザっとだけ読みました。後でもう少し考えてまた記事書きたいと思います。

良品計画さんに今朝質問したら回答が来ました。断念していないようです。

[…] こないだ「無印良品さんイスラエル出店やめてくださいの件と、Twitterの「軟式アカウ…」を書いたときにも前途多難だろうなぁと思っていただけに、とてもびっくりした。 […]


コメントは受け付けていません。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。