「NGO/NPO向けディスカウント」は不公平か? (Jason Friedの”Why non-profit pricing?”感想)

Posted on 2010年9月28日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

37signalsのJason Friedが、彼らの有名なブログ”Signal vs. Noise“に”Why non-profit pricing? (なぜノンプロフィット=NGO/NPO向け割引をするのか?)“という記事を書いていた。

Why non-profit pricing? – (37signals)

http://37signals.com/svn/posts/2580-why-non-profit-pricing

Jason Friedと彼の会社の37signalsはウェブベースのビジネスの成功者として有名なので、興味深く読んでみた。ウチ(アークウェブ)も「A-Form」(Movable Type用の問い合わせフォーム作成プラグイン)では非営利団体は無料という設定をしているので、その辺も再考してみようかとも思いながら。

「ソフトウェアビジネスをやっていると、ノンプロフィット向けの特別価格はないの? ってよく聞かれる。だから、このトピックについての考えをシェアしておこうと思う」って書き出しで始まるこのブログ記事の趣旨をざっとまとめると──。

  • 沢山のノンプロフィット団体からディスカウントしてくれと頼まれる。団体の規模はいろいろで、国際的なチャリティ団体もある。本当に大中小さまざまで、それは企業も同じこと。
  • 営利企業とノンプロフィット団体の違いは利益を追求するかどうかだ。ノンプロフィット団体は公益のために働いていると主張する人もいるだろう。しかし営利企業のビジネスが公益に合致しないとはいえない。
  • 多くのノンプロフィット団体はボランティアスタッフで支えられているが、そうでない団体も沢山ある。アメリカでは6%の労働者がNGO/NPOで働き、彼らの給料は営利企業で働く人たちと同格だ。
  • これらの理由もあり、ノンプロフィット団体であるというだけでフルプライスを払う営利企業より自動的にディスカウント価格を設定すべきだ、ということに納得できないのだ。ノンプロフィットも営利企業も、人を雇い、限られた予算を持ち、事業目標があるなどの点では同じだ。
  • 我々にノンプロフィット割引について照会してくる団体の多くは、小さな営利企業の顧客の年間売上より多くの予算を持っている。独立事業主の多くは赤字で、その点では「ノンプロフィット(利益なし)」だ。

こういうことを書いた上で、結局は「値付けの哲学」の問題だと思うけど、最後の方ではこう言っている。

  • 我々は価格をリーズナブルなものにしようと努めてきた。ここ数年値上げもしてない。週末起業の事業主であれ大企業であれコーズ(慈善事業)であれ、同じ価格でサービスを提供することが最もフェアだ。「誰であるかによって価格を決める」モデルは不誠実だと思う。

(ちなみに彼は、ノンプロフィット団体を尊敬していて、これまで製品を慈善キャンペーン、学校、先生、救済プロジェクトに寄付しており、必要だと思えばヘルプしてきた、とも断っている。)

ぼくの感想はこう。

まず、NGO/NPOが一大セクターとして成立し、高学歴の学生の就職希望先ランキングに入ってくるほどのアメリカと、小規模なNPOばかりの日本では背景がだいぶ違う。日本ではまだまだノンプロフィットは育てる必要があり、その一方策としてたとえばディスカウントは有効だと思う。
大規模なNGOと赤字のスタートアップ企業を比べて不公平だというなら、後者の不利を解消するために割引を用意するって手もあるね。日本でも「ベンチャー割引」なんか結構あるよね。

自社で、小さなプロダクトながらノンプロフィット割引(というか「非営利団体は無料」)という設定をした経緯を振り返ってみると、こういうのは、ぼくらみたいな職種ができるプロボノの一態様と考えることができると思うんだ。喜んでお金を払いたい、と言ってもらえる魅力をもった製品・サービスをディスカウント提供するのは、それができる才覚を持った者の「特権」であるとさえ思うし、これぞ「ノブリス・オブリージュ」じゃないの?

ついでに言うと「そもそも価格は均一でないとフェアじゃない」って意見にもあまり納得しない。顧客が納得する要素は価格以外にもいろいろあるし。

コメント欄もざっと読んだけど、彼がカリスマでもあるためか賛同意見多数だった。ノンプロフィット向けディスカウントは欧米でこそ盛んな仕組みだと思うけど、本当に読者の多くが納得したのかな、と思う。
でも中には「私はBasecampにはとても助けられている。だからチャリティ団体で必要としているところがあれば、アカウントを寄付したい。37signalsがその仲立ちをしてくれたらとてもいいな」なんて光る意見もあった。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。