PARACUP 2010:ゆるく楽しい、ピースフルなマラソン大会

Posted on 2010年4月30日. Filed under: 未分類 | タグ: |



PARACUP 2010 Originally uploaded by jetalone

先週末(2010年4月25日)、「PARACUP(パラカップ) 2010」(神奈川県川崎市 古市場陸上競技場)のハーフマラソンに参加してきた。

ので、その感想など。

パラカップ2010 ~世界の子どもたちに贈るRUN~ / ホーム
http://www.paracup.info/

元々山MLでのちびくうの「チャリティー要素のあるマラソンに出てみませんか?」って呼びかけにのったところから私的マラソンブームがはじまり、1月からもう4回も大会に出た。でも今回のPARACUP、一番楽しい大会だったなぁ。

「PARACUP(パラカップ)」は「世界中の恵まれない子どもたちを支援することを目的に開催されているチャリティーマラソン大会」(公式サイトから)。アジアの子供たちを支援するNPOたちが共催団体として名を連ねている(PARACUPの”PARA”は、たぶん主催団体PARASAIYO(パラサイヨ)から来ているんだろうね)。

パラカップ2010 ~世界の子どもたちに贈るRUN~ / 共催団体
http://www.paracup.info/cooperation/

競技参加者は3,000~4,000人らしい。老舗の市民マラソンと比べると規模は小さいけど、若いボランティアたちが沢山がんばって運営していて、お祭りみたいな雰囲気。“アースデイ東京のマラソン版”みたいな印象を受けた。

この大会はランナーだけでなくボランティアも(!)参加費を払う方式で、経費以外は寄付にまわる。2009年には約1,000万円が寄付できたんだって(→パラカップ2010:大会実績)。

PARA CUPの楽しかったところ

  • 「ニックネームラン」という仕組みがあった。ゼッケンに自分の名前を書いておくとその名前でボランティアが応援してくれるというもの。ぼくも何度も「はじめ、がんばれ!」などと声をかけてもらった
  • 「小さな贈り物」という、子供たちへの寄付を受け付けるテントがある(通学用カバンも募集品目に入っていたので、ぼくも使わなくなったリュックやメッセンジャーバッグを5つ持っていった!)
  • 商売っぽい物販ブースの代わりに、おにぎりや焼きそばパンなどを売っているテントがあり、なんと寄付制だ(ただし1個300円が目安と書いてある)
  • 共催NPOの活動紹介・即売のテントがある。走り終わって休んでたら店仕舞い近い時間で、あまり見られなかったけど
  • そしてこれがうれしかったんだけど、ゴールではランナー1人1人にフィリピンの孤児が作ったという首飾りをかけてくれる。

マラソンやウォーキングを楽しむことを通じて、よその国の子供たちにちょっと関心を持つきっかけがあり、また実質的に貢献してしまっている仕組み」という大会のデザインがいいと思う。

歩くことや走ることと寄付・ファンドレイジング(資金集め)を絡めるやり方って、たとえばイギリスの大手NPOオックスファム(Oxfam)の「トレイル・ウォーカー」が有名だし、よりランナー寄りでは「ワールドランナーズ・ジャパン(WRJ)」という団体もあるね。
こういう取り組み、どんどん盛んになってほしい。自らの健康に関心をもち趣味を楽しむ余裕がある人たちは、もっと巻き込めると思うから。

ハーフの参加費が4,800円と通常の市民マラソンの相場よりやや高く、大会の知名度もさほど高くないせいか、また「社会貢献」という要素が純マラソン好きには響かない点もあるのか、壮年以上の参加者はかなり少なかった。

今回ぼくは自己ベストを狙っていた割に後半ガタガタで駄目だったんだけど、大会全体のエクスペリエンスはとてもよかった。
また来年も参加してみたい。

ついでにメモ:これまでのマラソン戦歴を振り返って

  • 1月 谷川真理ハーフマラソン
    ハーフ 02:01:30
    初マラソンでハイになってしまい、序盤「あれ? 周り遅い」と抜かしまくるも、7kmあたりのゆるい坂で左ひざにズキッと痛みが。だましだまし走るが16~17kmあたりで耐え切れなくなり、歩く。最後1kmぐらいだけカッコつけでスパートした。で、以後1か月間膝の痛みとれず
  • 3月 熊谷さくらマラソン
    ハーフ 02:03:01
    寒かった。1月の荒川に比べて抜きつ抜かれつが熾烈で苦しかった。「これ以上やったら膝痛めそう」って加減する知恵はついた。やはり最後2kmほどで減速、歩いてしまう。タイムは1月から進歩なし
  • 3月  かすみがうらマラソン
    10マイル(16km) 01:22:06
    一部クロスカントリーみたいなアップダウンもあり苦しかったが、なぜか5分強/kmで走れた。直前までやった中強度の60~90分の練習が効いたのかな
  • 4月  PARACUP
    ハーフ 02:02:10
    かすみがうらの翌週だけど、直前の10マイルが1h22mだったので、+4kmだと1h45mは出るだろう…とか皮算用。50分弱で折り返せたときは「いける」と思ったが、以後じりじり失速。最後の1.5kmはまたもや歩き! トラックに入ってスパートしたら足つるし。
    かすみがうら後は雨がばかりで1度しか走れず、ピークを過ぎていたと思う。

…と、4回出てタイムが全然縮まってない。ハーフでは全部最後に歩いてる。振り返りって大事だなぁ。

とりあえずこれから夏までは山に行きたいのでマラソンはちょっと休み。秋からまたがんばろう。再開後の目標は「2時間切り」、いやそれ以前に「最後まで歩かず走ること」。レベル低いがそこからスタートだ。

マラソンって(というか個人競技全般だけど)面白い。練習を怠り、つまりちゃんとできるようにしておかなかったものは本番でもやはりできないようになっている。このシンプルさと向き合うことは仕事などにもいい見返りがあるね。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。