アクセシビリティ:目が不自由な人はウェブをどう使っているの? がわかるDVD「ユーザー視点のWebサイトづくり」

Posted on 2008年11月17日. Filed under: アクセシビリティー | タグ: |

W3CのWAI(Web Accessibility Initiative)では、WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)2.0が「勧告候補(CR: Candidate Recommendation)」から「勧告案(PR: Proposed Recommendation)」になり、近いうちにはいよいよ「勧告(Recommendation)」になろうとしています。
が、日本のウェブ業界、ウェブ制作の現場でのアクセシビリティに対する関心は、一部の(よい意味でも悪い意味でも)マニアックな人を除いてむしろ下がっているんじゃないか? と感じたりします。

そんな中、視覚障害者や高齢者といった人たちの情報アクセスの問題に取り組むNPO「ハーモニー・アイ」が、「ユーザー視点のWebサイトづくり」というDVDを出すそうです。

『ユーザー視点のWebサイトづくり』音声読み上げで検証するサイト構築(シリーズ1)DVD予約先行発売・第1弾受付開始のお知らせ:NPO法人ハーモニー・アイ
http://www.harmony-web.org/dvd1/

「ユーザー視点のWebサイトづくり」音声�み上げで検証するサイト構築(シリーズ1)DVD

このDVDには「視覚障害者から発信するWeb講座」「本物のWebアクセシビリティセミナー」というセミナーで収録された、視覚障害者が実際に音声ブラウザを使ってウェブを利用するシーンなどが入っているようです。

ぼくは後者のセミナーには参加しましたが、結構目からウロコでした。
よく「ウチはXHML+CSSでウェブ標準に準拠してマークアップしているからアクセシビリティ的にも大丈夫のはず」と言う人がいますが、そんな人でも観てみることを強くお勧めします。

ウェブ屋って、自分たちが作っているコンテンツの先にいるユーザーを想像しようなんてお題目はわかっているようでも、実はリアルにはわかっていないことが多いもの。たとえば視覚障害者がウェブの恩恵をどう受けていて、どんな点で阻害されているかを映像で観ることは、あなたのウェブ屋としてのやる気(や、今後のキャリア形成)に別のレイヤーを加えることになるかもしれない、と思います。

というわけで、弊社(アークウェブ)でももちろん購入するつもりなんですが、気になったらぜひ買って体験してみてください!

追記:
アークウェブは、ハーモニー・アイの趣旨に共鳴し、今後も積極的に応援していきたいと思ったので、ついこないだ法人会員になりました。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。