[富士山] ご来光を体験した

Posted on 2008年7月27日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

日が昇る瞬間。
静かだけど壮大な眺め。

ドキュメンタリー番組でも観られるスペクタキュラーかもしれないが、普通の人が富士山に登ることができるのは年間わずか2ヵ月だけ、そのうちきれいな日の出が見られる確率は約5割、日の出を待つ体は心底冷え込む、といったあれこれがこの瞬間を「ありがたい」と感じさせる。

富士山山頂には老若男女、あらゆる人たちが登ってきた。日の出を待つ間、いろんな方言が聞こえてきたし、日本人以外も少なくない。
それらの人たちと一緒に日の出を待つことで感じた、奇妙な連帯感。

(この文、未完だけど吐き出す)

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。