[犬と猫] FYI:「保健所の殺処分数は年々減り続け、譲渡数は増え(…)」

Posted on 2008年5月31日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

ウチの会社のサービス「Miqqle」の寄付先のひとつである「ライフボート友の会」は、行政によって殺処分されてしまう犬や猫を救う活動を続けている団体。

そのライフボート友の会のWebサイトの機関紙に、こんな一節があった。

かっこいい – ライフボート友の会
http://www.lifeboatjapan.org/mmag/backno/inochi_30.html?top_side

年間30万頭以上の犬猫が今も殺処分され続けているという圧倒的な『事実』があります。
しかし、まだ数は少なくても「手を伸ばせば救えるいのちがある」というもう一つの『事実』もあります。
保健所の殺処分数は年々減り続け、譲渡数は増え続けています。
ライフボートで救えるいのちが殺される犬猫のほんの一部でしかなくても、それはライフボートを怯ませるものではありません。

何があっても決してめげることなく、今日も明日もただボートを漕ぎ続けることで、多くの方に「手を伸ばせば救えるいのちがある」という事実を理解していただけるよう頑張ってまいります。

現実を変える行動をしている人たちの、その行動に裏打ちされた強さがみなぎっている、すごい言葉だ。
この言葉こそ、なかなか出会えない本当のかっこよさを持っていると思う。

コメント / トラックバック1件 to “[犬と猫] FYI:「保健所の殺処分数は年々減り続け、譲渡数は増え(…)」”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed

[いいですね]


コメントは受け付けていません。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。