[Patagonia] こんなことをやるブランドではないはず

Posted on 2008年3月7日. Filed under: patagonia | タグ: |

あー苦しい。

mixiのPatagoniaコミュに書いたこと、そのまま貼り付けておくに留める。今は。

PatagoniaのWebサイトからシー・シェパード問題についてのステートメントが
消えたという件は、いろいろ考えてみたけど残念でなりません。

アースデイの情報は掲載の価値があっても、シー・シェパードへの支援について
ファン/ユーザーが懸念しているという問題は揮発性ということかな。

六ヶ所村の問題を真摯に考えるPatagoniaに共鳴するユーザーが、同じ目線で
シー・シェパード問題についての姿勢を注視しているということがわからない
のかな。

そんなことはないと思うんだけど。

ファッション/アウトドアイクイップメントのメーカーであるだけでなく、イヴォン・シュイナードの理念や哲学で強烈な求心力を発揮してきた「ブランド」が、こんなことでいいんだっけ。そんなわけはないはず、という思いが突き上げてくる。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。