[memo] 外部不経済と外部経済

Posted on 2007年10月23日. Filed under: CSR, 企業経営 | タグ: , |

//自分用メモ+α。

Ramla Glocal ラムラ グローカルサポート:市場の失敗 – livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/k1996006/archives/cat_50031137.html

ある経済主体の経済行動が、他の経済主体の活動に対価なしで利益または不利益を与えることを外部効果といいます。
外部効果のうち、他の経済主体に対して有利な効果を与えることを外部経済、不利な効果を与えることを外部不経済といいます。

「環境政策の基本方針」のどこが、画期的か。
http://hb7.seikyou.ne.jp/home/N-une/i-konsyuunosisou-0222.htm

カネになる生産だけでなく、カネににならないものも生産だと認知し、位置づける文化を創造しなければならない。米が500㎏とれるが、赤トンボは10匹しか育たない田んぼと、米は400㎏しかとれないが、赤トンボは5000匹生まれる田んぼとでは、どちらが総合的な生産力は高いか、という質問が成り立ってきたのである。つまりカネにならない(これを外部経済と呼ぶ)ものまで、「価値」として認めないと、この資本主義社会では、自然環境は守れなくなったのである。そこで、わたしは赤トンボに代表される「自然環境」も、農業の「生産物」だとすればいいと、提案しているのである。

自然の恵みへの報告=緑字決算報告書
http://www.takarashuzo.co.jp/green99/conts17/index.htm

企業の収支バランスとは一体何でしょうか。もちろん、企業は存続するために収益をあげることは必要欠くべからざるものでありますが、その収益の確保が外部からの恩恵(外部経済)の内部への取り込みと内部のマイナス影響(外部不経済)の外部への転嫁によって達成された収益であるとすればこれをどう評価すればよいでしょうか。

うわっ、こりゃぐさっとキタ。味読して刷り込みたい。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。