[book]「百年の愚行」

Posted on 2007年9月18日. Filed under: 読書 | タグ: , , |

抜粋。

「消費欲の問題点は加速するということである。微分という操作によって速度が加速度(すなわち速度の速度)に変わるように、消費はやがて消費の消費に変わる。(…)
人間をそのような消費者に仕立てるための説得の技術がここ百年で急速に進歩した。(…)
今の時点でわれわれの未来にとって有利なことは何だろう。それはたぶん、自分が中毒であることを知っていることだ。」

(文明の手前で立ち止まる 池澤夏樹)

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。