[misc] 真ほっけ・イカ・さんまの刺身

Posted on 2007年8月28日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

たった3日間の釧路だけど、魚がうまかった。

ホテルそばの炉端焼き屋さんで、出されたほっけが口中でほぐれるやわらかさには驚いた。味も知らないものだった。
聞いてみると「真ほっけ」だという。おばちゃんは、こっちの人はしまほっけは食べないよ、と言ってた(駅前の市場ではしまほっけも売ってたけど)。

なんか漁師っぽい人がラフな感じで持ち込んできたイカの刺身も、うまかった。透明で、いわゆるイカの味じゃない。が、ほおっておくとみるみるうちに白くなり、よくスーパーで見かけるイカの色になった。

翌晩食べたさんまの刺身もうまかった。肉厚で、少しも臭みがない。

もちろんこれらの体験は、「旅の高揚」というしあわせなソースがかかっていることを割り引かなきゃいけないが、ともかくぼくは自分の食に対する姿勢を反省することにする。

うまいものは現地に行って食え。「築地には日本中からうまいものが揃うんだ」とかタカくくってちゃダメ。

フードマイレージだとか地産地消といった理念を語るまでもない。わざわざ遠くから食べ物を取り寄せるというのは、そのものがもつディテールをそぎ落としてしまう罪深いことなんだ、と認識しよう。

東京では、東京で食って一番うまいものを食べよう。釧路では、釧路で食って一番うまいものを食べた方がいい。イルクーツクでは(…)。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。