変化が起こる「速さ」よりそれが浸透する「遅さ」にこそ注目すべきか

Posted on 2007年7月28日. Filed under: つぶやき | タグ: |

最近やらせていただいた講演や関わった原稿、顧客や同業者と交わした会話などを通じて、立て続けに「Web 2.0ブームのその後」や「マッシュアップサービスの今」について考えた。

で、ふと立ち上がってきた考えが。変化が起こる「速さ」に注目するより、変化が浸透する「遅さ」にこそ注目すべきかなぁ、ということ。

343059007_01bc133001_m.jpg
change” by Lin Pernille Photography

速い速いと喧伝される点ばかりに注目すれば、それが浸透し、深層部分にまで影響を与えはじめる前に見切ってしまう。注視や継続的な取り組みを切り上げてしまいがちだ。そんなデメリットがだんだん腑に落ちてきた。

これを書いておく理由は、これから情報を収集したり現象を吟味したりする際のメタなテーマのひとつにきちんと据えておきたいからだ。

// 余談だけど、写真はFlickrのCC-by(Attribution License)のものを“Change”というTagで検索した結果から。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。