[Fukuoka] 九州国立博物館がよかった

Posted on 2007年3月25日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , |

 福岡ショートトリップの最後は、九州国立博物館。

柳川から福岡への戻り、ギリギリ時間が取れそうなので、途中で乗り換えて大宰府へ。昨夜エイクエントの方たちに、大宰府にできた「九州国立博物館」がいいですよ、とお勧めいただいたので。

九州国立博物館
http://www.kyuhaku.com/pr/

時間がないので、駅を出たら大宰府天満宮には脇目もふらずに九博へ。
館内にも1時間弱しかいられず、その意味でも今の時期は文化交流展という平常展示だけだったのは幸いだったかも。

ここはやっぱり行ってよかった。
「日本は東北アジアの一部である」という見方を伝える全体構成がすばらしいと感じた。
黒を基調とした館内、これとかこれのようにシックに陳列された展示物。日本、中国、タイ、インド、そしてシルクロードの西のアフガニスタンの仏頭を並べた展示室などは特に印象に残る。出口付近にあった、現存する唯一のものだという「伊能図」にも見入ってしまった。

先日沖縄の平和記念資料館に行ったときにも強く感じたけど、博物館や美術館は個々の作品を展示するだけでなく全体としての体験を提供するものだ。
// そういう意味で、「館」のデザインってWebのユーザー経験を考える際にもとても参考になる。

日本の歴史だけにこだわって展示物を構成すればそれは日本の特殊性の理解につながるだろうが、この博物館内を巡ってみると「われわれは大きな文化圏の一部だ」というメッセージが感じられる。
ってまぁ45分くらいで駆け足で見た感想だけど。

あー、もっと長くいたかったなぁ。

この後天神へ戻り、地下鉄で福岡空港へ。

広告

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。